最近何かと熱いクロスオーバーその2、「CROSS UP!」

    2015/06/27

最近は本当にクロスブームだ。それもライトなクロスだ。

広告

UP!にもクロスオーバーモデルが登場

昨年日本にも登場したVWのコンパクトカーのUP!にもクロスバージョンが登場する。
これもジュネーブショーでのプレミアとなる、ジュネーブショーではワールドプレミアが目白押しだ。
「CROSS UP!」のフロント
↑ 「CROSS UP!」のフロント、車高が少しだけ高くてアンダーガードをイメージしたモノがアンダーに付く、各部を色違いにしているのがノーマルモデルとの差別化だ、画像はネット上から拝借

広告

VW系クロスオーバーの元祖ゴルフ2「カントリー」

さて、VWのクロスモデルというかクロカンもどきは結構歴史が古く、元祖と思われるのはゴルフ2の「カントリー」ではないか。
このモデルは現代のカッコだけのクロスモデルとは異なり、非常に本格的で駆動方式が4WDで車高を上げ背面スベアタイヤを装備していてクロカンモデルに近い成り立ちをしていた。
日本にはほんの少数のみの導入だったので非常に珍しい車だった。
VWではこういったクロカン的な本格的なモデルは後にも先にもこのモデルだけだ。
これがGOLF2のカントリー
↑ これがGOLF2のカントリー、車高が半端ではない、ホイールは大きくないので走破性はあまり高そうではない、リアにはスペアタイヤを背負っている、画像はネット上から拝借

他メーカーを見てみるとAUDIの初代のオールロードクワトロがあり、こちらは非常に高価だが内容は本格的で、ある意味クロスモデルのマイルストーンになったモデルである。
日本においてはスバルが一貫して4WDモデルを作り、その中でもレガシーの派生であるランカスターがオールロードクワトロ路線を踏襲してこのジャンルを確立したと思う。
現在でもアウトバックという名称で継承されていて、ちゃんと4WDのクロスオーバーとなっている。

↑ 「CROSS UP!」のサイド、最近のクロスシリーズの特徴で大径ホイールを履く(オフロードイメージとは全く逆方向だ、この車の性格が良く分かる)、フェンダーが黒い樹脂となってオフロード感をを出している、画像はネット上から拝借

広告

最近のクロスオーバーモデルはカッコ優先

VWの現行モデルではクロスポロがあり、ノーマルから少しだけ車高を上げてそれらしい雰囲気を出している。
VWはこのクロスシリーズを多車種に展開しようとしてクロスポロ・クロストゥーラン・そして今回のクロスUP!と矢継ぎ早に展開してきている。
ユーザが少しだけ冒険気分になれるライトなクロス、ここを突いたマーケティングのうまさには脱帽する。確かに本格的なクロカン4WDは我慢することが多く大多数のユーザは求めていないし、こういった車が本領を発揮するような場所には行きもしないのが現状だ。もっと突き詰めれば4WDでなくても良いし雰囲気だけで十分なのだ。
小さな国産4WDの代表である、ラッシュ/ビーゴでも4WDではなくて2WDが良く売れている。普段の足として見晴らしの良い少しだけクロスした気分が味わえればオッケーなのだ。
「CROSS UP!」のリア
↑ 「CROSS UP!」のリア、リアからは少し車高が高いという印象しか受けない、バンパー下にシルバーのガードのようなモノが付く、全体的にバランスが悪い、画像はネット上から拝借

今回の「CROSS UP!」だが、たぶんパンダトレッキング(4WDではないモデル)への対抗馬だと思われる。このジャンルにはほとんど選択肢が無いだけに非常にニッチなところを突いたものだと感心する。

今日はこのへんで
では

広告

関連カテゴリー

関連するカテゴリーはこちら、是非チェックしてみて下さい。

おすすめコンテンツ

気に入っていただけたら是非シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
*が付いている欄は必須項目です。

内容に問題なければ、下記の「OK!」ボタンを押してください。