ルノー新型「トゥインゴ」、ちょっと没個性

    2015/06/18

2014年3月に開催されるジュネーブショーで公開予定のルノー新型「トゥインゴ」が公開されている。
コンパクトカー好きとしては外せない車なのだが、現行の「トゥインゴ」はハッキリ言ってあまり可愛らしくない。

広告

少しかわいらしくなった新型「トゥインゴ」

現行「トゥインゴ」R.S.の内容は基本に忠実な本格的なものだがいかんせん外観が可愛くない。 やはりコンパクトカーは外観が可愛くないと実用のみになってしまい無味乾燥になってしまう。
毎日乗るのならやはり可愛い車のほうがほうがいい。 

広告

リアエンジンになった新型「トゥインゴ」

今度のルノー新型「トゥインゴ」は今までと異なりリアエンジンだ、これはスマートとの共同開発の結果である。
以前からTwinRunが発表されていたが、この車はFRではないのかと噂になったものだ。
ふたを開けるとリアエンジンでリア駆動の車だった。つまり新型「トゥインゴ」の伏線だったわけだ。  

広告

新型「トゥインゴ」の外観は最近のルノー路線

ではさっそく新型「トゥインゴ」の画像を見てみよう。

↑  ルノー新型「トゥインゴ」のフロント画像、フロントは以前から発表されているTwinRunの印象が強い、TwinRunに比較して四角い補助灯は無いが最近のルノー顔である、画像はネット上から拝借


↑  ルノー新型「トゥインゴ」のサイド画像、 横から見るとフィアット500のような全体のシルエットだ、この車がリアエンジンでリア駆動とは信じられない外観だ、画像は4ドアモデルだがリアドアノブは最近流行のCピラーに設置されて目立たない、画像はネット上から拝借


↑  ルノー新型「トゥインゴ」のリア画像、こちらもTwinRunのイメージが色濃く残るリア周り、リアハッチバックはそのままだ、TwinRunではマフラーがナンバー横から出ていたがこの新型「トゥインゴ」ではどうなっているのだろうか画像からは分からない、画像はネット上から拝借


↑  ルノー新型「トゥインゴ」の上方から見た画像、4ドアモデルを情報から見たところだが全く普通のFF車のように見える、確かにフロントのボンネットは短くてミニマムなサイズだ、非常に小さなサイズの車だが十分実用性がありそうだ、キャンバストップは近年久しぶりに見た気がする、画像はネット上から拝借


↑  ルノー新型「トゥインゴ」のカラーバリエーション画像、色が少ない気がするがカラフルで楽しげなカラーラインアップだ、やはり小さな車は彩度の高い明るい色が楽しげで良いと思う、ルノーの小型車を並べてみると見分けが付かないかもしれない、「トゥインゴ」に「ZOE」に「クリオ」はサイズこそ異なるが基本的に同じ顔つきとなっている、画像はネット上から拝借

新型「トゥインゴ」は今のところどのようなスペックを持っているのかが不明だが、なかなか魅力的なコンパクトカーとなっている。
最近のルノー車は同じ顔つきになっているのですぐにルノー車と分かるが、この新型「トゥインゴ」は少し没個性だと思う。
特に横から見たところはフィアット500にそっくりで、これはまずいだろう。これなら「ZOE」をガソリン車としても発売するほうが良いのではないだろうか。
 

広告

新型「トゥインゴ」の追加画像

2014/03/07追記

エンジンはRRで荷室の下に搭載され、2種が用意される。 NAエンジン:999cc3気筒70ps・9.3kgm ターボエンジン:898cc3気筒90ps・13.8kgm


↑  ルノー新型「トゥインゴ」の荷室兼エンジンルーム画像その1、パッと見はリアエンジンを感じさせない荷室、それほど荷室容量を削っているわけではなさそうだ、ただ多少は熱くなると思うので食品等を積むときは気を使わないといけないかも、日本では三菱アイがこの形式をとっている、画像はネット上から拝借


↑  ルノー新型「トゥインゴ」の荷室兼エンジンルーム画像その2、上の荷室の床を開けるとこのようにエンジンへのアクセスができる、1000ccのエンジンでぎっしりなので他のもっと大きなエンジンを積むのは難しいだろう、R.S.モデルとかはどうなるのだろう気になるところ、画像はネット上から拝借

今回はこのへんで
では

広告

関連カテゴリー

関連するカテゴリーはこちら、是非チェックしてみて下さい。

おすすめコンテンツ

気に入っていただけたら是非シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket