スズキ新型エスクードはライバルよりもちょっとだけオフロード寄り、SX4 S-CROSSとモロにバッティング

    2015/10/20

昨日2015年10月15日にスズキ新型エスクード(Vitara)が日本でも発売開始された。
ここでちょっと心配なのが新型エスクードとSX4 S-CROSSがスズキ内部でバッティングしている事だ。
しかしSX4 S-CROSSの日本導入時に懸念点を指摘したのだが今回の新型エスクードはそれをキチンと押さえてきている。
すると今度はSX4 S-CROSSの立ち位置がどうも理解できなくなってしまう。
まぁそれは置いておいて今回は新型エスクードとライバルとなる車達との簡単な比較をしてみよう。
スズキ新型エスクードのサイド画像
↑ 新型エスクードのサイド画像、エンジンフードが初代エスクードのオマージュなのだがこれで購入する人は相当マニアックな人だ、横から見ると現代的なBセグメントクロスオーバーのシルエット、リアのオーバーハングの短さが目に付く、やはりこのサイズは日常使いにも便利そうだ、画像はメーカーサイトより拝借

広告

新型エスクードのセールスポイントはどこか?

新型エスクードのセールスポイント

管理人TomTomとしては新型エスクードのセールスポイントは次のような点だと考えている。

  • ライバルよりもちょっとだけオフロード寄りの性格
  • 安全装備も人並みに
  • 燃費性能も人並みに
  • 初代エスクードのオマージュ(分かる人には分かるという感じ)

新型エスクードのフロント画像
↑ 新型エスクードのフロント画像、スズキ自体も新型エスクードにオフロード色を出している、確かに今回新しくなった4WD機構の「ALLGRIP」はかなり良さそうなのだ、画像はメーカーサイトより拝借

新型エスクードのライバル

新型エスクードの実質的なライバルは同サイズのホンダのヴェゼルとなるだろう。
こうした内容を踏まえながら他車種との比較を簡単にやってみた。
Vezel01
↑ ホンダヴェゼル、新型エスクードとは非常に似通った成り立ちとスペック、ガソリン車同士の比較ではヴェゼルが燃費と価格でリードしている、さすがに良く売れているだけのことはある、画像はメーカーサイトより拝借

広告

新型エスクードとライバルのスペック比較

新型エスクードと実質的なライバルとなるであろうホンダヴェゼル、そこに同じスズキのSX4 S-CROSSも加えて比較をしてみる。

スズキ 新型エスクード

グレード:4WD
価格:2,343,600円(税込)
サイズ:全長4,175mm×全幅1,775mm×全高1,610mm
最小回転半径:5.2m
エンジン:1.6L NA 117PS/151Nm
車両重量:1,210kg
燃費:17.4km/L
自動ブレーキ:レーダーブレーキサポートII

スズキ SX4 S-CROSS

グレード:4WD
価格:2,257,200円(税込)(-86,400)
サイズ:全長4,300mm(+125)×全幅1,765mm(-10)×全高1,575mm(-35)
エンジン:1.6L NA 117PS/151Nm(±0)
最小回転半径:5.6m(+0.4)
車両重量:1,210kg(±0)
燃費:17.2km/L(-0.2)
自動ブレーキ:無し
※( )内は新型エスクードとの比較

ホンダ ヴェゼル

グレード:X 4WD
価格:2,286,000円(税込)(-57,600)
サイズ:全長4.295mm(+120)×全幅1,770mm(-5)×全高1,605mm(-5)
最小回転半径:5.3m(+0.1)
エンジン:1.5L NA 131PS(+14)/155Nm(+5)
車両重量:1,270kg(+60)
燃費:19.0km/L(+1.6)
自動ブレーキ:あんしんパッケージ
※( )内は新型エスクードとの比較

スペックの比較から言える事は

新型エスクードとヴェゼルは非常にスペックも似通っていて好ライバルという事だ。
価格・燃費・安全性能はほぼ互角だしサイズはヴェゼルが少し長いだけでそれ以外は全く同じと言って良い。
どうしてもヨーロッパ基準のBセグメントとしてのクロスオーバーと言う車作りをするとこうなるのだろう。

一方SX4 S-CROSSの立ち位置が全く分からなくなってしまった。SX4 S-CROSSのほうがボディーは長いのだが価格は安い。
そして燃費対策としてのアイドリングストップや安全装備の自動ブレーキが無いのが致命的だ。
こうした事では満足できる販売はできないだろう。

広告

新型エスクードはこんな人に良いかも

新型エスクードの売りは他社ライバル達とやっと肩を並べる事の出来るようになった燃費性能(まだ少し不満だが)と安全性能を除けばオフロード性能だと思う。
それはSX4 S-CROSSでも採用されている「ALLGRIP」の機能強化が行われている事だ。ブレーキLSD機能を強化して低ミュー路での性能を向上している。
管理人は元々「ALLGRIP」は高評価なのだが今回新型エスクードでテコ入れされた事で最大のセールスポイントだと思っている。
新型エスクードのリア画像
↑ 新型エスクードのリア画像、もう少し華が欲しいリアのデザイン、全体的にはかなり実質的な作りで実用性はかなり高そうな印象がある、この車は4WDで乗りたい、画像はメーカーサイトより拝借

街乗りとしてのクロスオーバーという事なら完全にホンダヴェゼルに軍配が上がる。
ではどんな人が新型エスクードに向いているかというと。
クロスオーバーを4WDとしてとらえる人でダートや積雪路を走る機会がある人に無ているだろう。
本格的なクロカンという訳ではないが「ALLGRIP」の機能は心強い。

管理人TomTomもこのサイズ(長さ4,200mmまで)のサイズのクロスオーバーを買うなら新型エスクード(もちろん4WD)を買うだろうと思う。
長さが4,000mm以下のサイズのクロスオーバーなら今後出てくる同じスズキの「イグニス」やラッシュ/ビーゴ後継の「FT Concept」も要チェックだ。

今回はこのへんで
では

広告

関連カテゴリー

関連するカテゴリーはこちら、是非チェックしてみて下さい。

おすすめコンテンツ

気に入っていただけたら是非シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket