中古車でしか手に入らない日産のちょっと古くて熱い絶版車特集

    2015/11/02

ちょっと古くて気になる車と言えば輸入車でも国産車でも結構たくさんある。
トヨタやホンダそれにダイハツなんかは絶版車として時々取り上げるのだが日産は全く手付かずだった。
もちろん日産は技術の日産と言われる通り過去に素晴らしい凝った車を数多く出している。
その中でも管理人の今でも手に入れたいと思う車をいくつかピックアップしてみた。

広告

日産の最近の動向

最近の日産は大人しいと思うのだ。
もうすぐ開催される東京モーターショー2015でも日産はコンセプトカーが少しとEVがメインの展示となるようだ。
なんだかウキウキするような車の発表が少ないように思える。

コマーシャルでは自動運転を盛んにアピールしているがこれとて何年か先の事で現実味が無い。
もっと手の届くようなワクワクウキウキするような車が出てこないものか?と思う。

つくづく日産は見せ方がへたくそだ。
社長の顔もどんな人だったか思い出せないのだ(ゴーンさんは別にして)。

広告

2000年前後の日産車

そんな最近の日産だが過去には様々な車を作っていて中には面白い成り立ちの車がある。
管理人TomTomが興味を持つ車はNAで走って楽しそうな車だ。駆動方式は特にこだわらない。

そんな中から今回は次の2車種をピックアップしてみた。

  • シルビア オーテックバージョン
  • マーチ 12SR

どちらもオーテックと言う日産の特装車を作る会社が手を入れたモデルとなっている。
このオーテックは面白い会社で非常にこだわりの強い車を世の中に出している。
現行モデルではNISMOモデルはオーテックが作っているのだ。
オーテックの一番の特徴はNAの車が主体になっている事だ。
この理由は明らかではないがNAのメカチューンが実に多いし内容が素晴らしいモノが多い。

広告

シルビア オーテックバージョン

S15シルビアのオーテックバージョンのフロント画像
管理人の大好きな「シルビア オーテックバージョン」はS15と呼ばれるFRのシルビアの最終モデルだ。
シルビアはFRなだけにドリフトに使われる事が多くターボモデルが大人気な車種となっている。
S15シルビア自体のデザインはシンプルだが美しいシルエットを持ったクーペだ。
エアロを付けても、エアロレスでもなかなかまとまりが良い秀悦なデザインだと思う。

そのS15シルビアにに1つだけNA2.0Lから200PSを絞り出し6MTと組み合わせたモデルがある。
それが「シルビア オーテックバージョン」なのだ。

エンジンにオーテックの手が入りノーマル165PSから大幅なパワーアップを果たしているモデルだ。

「シルビア オーテックバージョン」のスペック

サイズ:全長4,445mm×全幅1,695mm×全高1,285mm、ボディー補強、5ナンバー!
ホイールベース:2,525mm
エンジン:2.0L直4NA、SR20DE
 圧縮比アップ、専用エギゾースト、専用カム、専用ECU、専用軽量フライホイールクラッチ
最高出力:200PS/7,200rpm
最大トルク:21.8kgm/4,800rpm
ミッション:6MT
駆動系:ヘリカルLSD
サスペンション:前ストラット、後マルチリンク、専用サスペンション
タイヤホイール:205/55R16
ブレーキ:前ベンチレーティッドディスク対向4ピストンキャリパー、後ディスク
車両重量:1,200kg
パワーウェイトレシオ:6.00kg/PS
生産年:1999年~2002年
S15シルビア オーテックバージョンのSR20DEエンジン画像

S15シルビアって?

オーテックバージョンではないがターボ付きのS15「スペック R」がサーキットで走っているのを見たことがある。
かなりパワーが出ていたようだがFRらしい姿勢で外から見ていても安定した姿勢で走っていたのが印象的だ。

サーキットではボディー剛性の無い車のコーナリングは不安的になりがちなのだ。
そういった事も無く安定していたのはS15のボディーが基本的に良く出来ているからだろう。

S15はドリフトで使われる事もありパーツ類が非常に豊富な車種の1つだ。
弄るのに全く支障のない車である。

管理人TomTom的には日産のオーテックモデルはホンダのType-Rのような存在だと思っている。
派手さは無いが非常に良く内容を詰められてた車だと思っている。

「シルビア オーテックバージョン」は生産された台数が少ないのか流通している中古車は少ない。
タマが少ないだけに程度の良い車は比較的高値で安定している。
どうしても良さげな車は中古車でも高い。皆考える事は同じだからだ。

広告

マーチ 12SR

コンパクトカー好きな管理人TomTomである。
少し古い国産コンパクトカーの中で外せないのがこの「マーチ 12SR」と思っている。
マーチとしては1世代前のK12というモデルだ。
このモデルは意外とチューニングパーツが沢山出ていて弄るのに困ることは無いモデルなのだ。
何と言っても小型軽量でハイパワーというのが売りだ。

マーチ12SRには最初からエアロパーツが付いているが、オプションでエアロレスというモデルもある。
管理人TomTom的にはこのレアなエアロレスなんて欲しいと思うのだった。
K12マーチ12SRのフロント画像
K12マーチ12SRのリア画像

「マーチ 12SR」のスペック

サイズ:全長3,735mm×全幅1,670mm×全高1,505mm
ホイールベース:2,430mm
エンジン:1.2L直4NA、CR12DE
 専用カム、専用バルブスプリング、専用ピストン、軽量フライホイール、専用ECU
最高出力:110PS/6,900rpm
最大トルク:13.7kgm/3,600rpm
ミッション:5MT
サスペンション:前ストラット、後トーションビーム、専用サスペンション
タイヤホイール:185/55R15
ブレーキ:前ベンチレーティッドディスク、後ドラム
車両重量:960kg
パワーウェイトレシオ:8.73kg/PS
生産年:2003年~2010年

K12マーチって?

K12マーチはチューニングのバリエーションが非常にたくさんある。
この「マーチ 12SR」はオーテックが手を入れたモデルだがインパルがチューニングしたモノもある。
さらにNISMOがスポーツリセッティングしたモノもあってよりどりみどりな状態なのだ。

そもそも非常に小型なボディーはそこそこ剛性がありベース車としては最適だ。
「マーチ 12SR」はオーテックがエンジンを専用カム等を用いてNAチューンしたモノだ。
最高出力の発生回転数を見れば高回転寄りにチューニングされているのが分かる。

この「マーチ 12SR」にLSDのオプション設定は無いがLSDを入れてしまえば大変楽しい車になるだろう。

日産にはこの他にもカリカリのNAエンジンがいくつかあるがそれはまた別の機会にでも紹介しようと思う。

今回はこのへんで
では

広告

関連カテゴリー

関連するカテゴリーはこちら、是非チェックしてみて下さい。

おすすめコンテンツ

気に入っていただけたら是非シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
*が付いている欄は必須項目です。

内容に問題なければ、下記の「OK!」ボタンを押してください。