艶消しの黒いホイールって最近のトレンドでカッコ良い、新車装着のヘルプをした

 

管理人のホイールの好みは昔からモノブロックのホイールが好みだ。
どちらかというとベタっと色が塗ってあるホイールが好きである。
これはたぶんラリーの影響だろうと思う。

広告

若い頃はホイールに色を良く塗っていた

最近ではあまりやらないが若い頃はホイールに色を塗る事が多かった。
というのはラリーに使用するとホイールは傷だらけになってしまう。
それが酷くなると見るに耐えれなくなり色を塗りたくなってしまうのだった。

管理人TomTomがラリーをしていた当時はホイールを黒く塗るという発想は無かった。
たいがいが白く塗っていたのだ。
でも塗装がへたくそなので艶あり塗料を使用するのだがマットホワイトになってしまうのだった(苦笑)。
OZのLeggendaというホイール白
↑ OZのLeggendaというホイールで白いモノ、ラリー車にはこんな感じのホイールがイメージなのだ、でもダートを走るとハゲてきてしまい自分で白いスプレー塗料で塗ってしまう、すると塗装がへたくそなのでマットホワイトになってしまうという訳なのだ、画像はメーカーサイトより拝借

広告

最近はマットブラックがトレンド

それはさておき最近の流行は黒いホイールだその中でもマットな黒がトレンドなのだ。
ホイールのマットな黒ってやつは見てくれがイカツイ。
OZのLeggendaというホイール黒
↑ OZのLeggendaというホイールで黒いモノ、最近では最初からマットな黒のラインアップが多い、足元が引き締まってカッコ良い、ちょっといかつくなるのが玉にキズと言ったところ、画像はメーカーサイトより拝借

黒のボディーにマットな黒のホイールなんて管理人TomTomの頭の中では特攻野郎Aチームのバンそのものなのだ。
特攻野郎Aチームのバンは本当は赤いホイールのようだがこの際細かい事は良かろう。
昔懐かしい特高野郎Aチームのバン
↑ 昔懐かしい特攻野郎Aチームのバン、海外ドラマで良く見たモノだ、このバンがチームを乗せて大活躍するのだ、典型的なアメリカのバニングだがホイールがやけにカッコ良く思ったものだ、画像はネット上から拝借

広告

今回はCR-Vの黒にマットな黒ホイールを付けちゃった

今回は知人が新車のCR-Vを購入したのでホイール交換を手伝ったのだった。
たたでさえいかつい雰囲気を漂わすマットな黒いホイールだが今回は黒いボディーとの組み合わせだ。
CR-Vにマットな黒いホイールを装着ステッカーを貼る図
↑ CR-Vにマットな黒いホイールを装着ステッカーを貼る図、夜目にはタイヤとホイールの境目が分からないほどマットな黒、そこにホワイトのロゴステッカーを入れてアクセントとした

この車を奥様が転がすのだからギャップが面白い。
奥様はこのホイールを見てスペアホイールちゃうん?って感想だったらしい。
車に詳しくない人が見るとそう見えてしまうのだろう。
CR-Vにマットな黒いホイール完成の図
↑ CR-Vにマットな黒いホイール完成の図、うーんかんりイカツイのだった、ホイールセンターのハブセンターは黒いスプレーで塗ってある、タイヤサイズはノーマルなので適度なボリューム感があり良い感じだ、タイヤサイズは225/65R17

マットな黒いホイールにちょっとだけステッカーチューンを行い良いアクセントになった。
夜に作業を行ったので闇に溶け込んで怪しい雰囲気だった。

マットな黒いホイール良いかもしれない。

今回はこのへんで
では

広告

関連カテゴリー

関連するカテゴリーはこちら、是非チェックしてみて下さい。

おすすめコンテンツ

気に入っていただけたら是非シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket