S660の荷物積載は解決されたのか?モデューロの荷物積載システム 大阪オートメッセ2016

 

S660は軽自動車としては良く企画されたミッドシップスポーティーカーだが荷物が載らない
これは何度も指摘してきた事だ。
管理人はスポーツカーとは言え2名1泊程度の荷物積載スペースが欲しいと思っている。

広告

S660は良く出来たミッドシップだと思う

よくぞ軽自動車枠に収めよったなぁというのが感想なのだ。
それも専用エンジンとかではなく他の車種流用での構造なのだ。

管理人TomTomは2シーターの車は車内が狭くて座高の大きな体を持て余してしまう。
以前乗っていたNCロードスターでもこの傾向はあった。
S660も車体の価格や維持費から見ると魅力的ではあるが一番の欠点は荷物積載ができないことだ。
NCロードスターはトランクの広さがそこそこあってかなりのモノを積める。
S660はこの点が致命的だった。
それはホンダらしいモーターサイクル感覚としての割りきりだ。

大阪オートメッセ2016でのS660用キャリアその1

大阪オートメッセ2016でのS660用キャリアその2

広告

ちょっとでも荷物を積載するために企画あり

ユーザーの間ではS660の積載能力がイロイロ言われている。
これは当たり前だろう。
現実的には実用車としての面も無いと維持するのが難しいからだ。

前述のように管理人TomTomはスポーツカーであっても2名1泊程度の荷物が積めることが絶対条件だ。
そこでこれを解決すべく企画されたのがS660用のモデューロの荷物積載システムだ。

今回の大阪オートメッセ2016では実物が見れたので感想を書いてみた。

大阪オートメッセ2016でのS660用キャリアその3

大阪オートメッセ2016でのS660用キャリアその4

広告

ボディーに手を加えないで荷物積載するにはこの方法しかないか?

以前ビートの時にもコレは問題となった。
そこでエンジンフード上に設置するタイプのキャリアがあったと記憶している。

今回見たS660用の荷物積載システムはドライバーの後方のロールオーバーバー上に荷物用のキャリアを設置してしまうタイプだ。
その結果荷物は全高を超えて上部へ持ち上げられ全面投影面積から上部へはみ出る形となる。
これしかやり用は無いのかもしれないがこれじゃダメだ。

大阪オートメッセ2016でのS660用キャリアその5

荷物を持ち上げる手間、空気抵抗になる事、見てくれのどれをとってもスマートでは無い。
これはモデューロが悪いのではなくホンダが最初から考慮すべきことなのだ。
2シーターであるが故になおさら考慮しなくてはならない事だ。
S660に関してはこうした部分に商品企画の甘さが出てしまっている。

やはり車を手に入れたら友達と1泊程度のツーリングに行きたいじゃないか!と思うのだ。
ホンダにはここを改善してもらいたいと思うのだった。

今回はこのへんで
では

広告

関連カテゴリー

関連するカテゴリーはこちら、是非チェックしてみて下さい。

おすすめコンテンツ

気に入っていただけたら是非シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket