ルノー クリオの真打登場「Clio R.S.16」 クリオのボディーにメガーヌのエンジンを移植!

 

ホットハッチ好きには気になるルノークリオ(ルーテシア)R.S.がバージョンアップされたので見てみよう。
今回はルノースポール40周年とF1復帰の記念ということでこれまでのクリオの中でも最強のモデルを出してきた。

Clio RS16 Conceptのフロント画像

広告

Clio RS16 Conceptのスペック

なんと今回のクリオRS16の心臓はメガーヌの2.0Lエンジンを詰め込んだものだ。
それに伴い各部が強化されている訳だがボディーワークに手が加えられるなどかなり手が入っているようだ。
発表されているスペックは少ないが分かっている範囲を上げてみよう。

サイズ:全長4,090mm×全幅1,730mm×全高1,430mm
ホイールベース:2,590mm
エンジン:F4R M874、2.0L4気筒ターボ
最高出力:275bhp/5,500rpm
最大トルク:360Nm/3,000~5,000rpm
ミッション:6MT
タイヤホイール:19インチ、Michelin Pilot Sport SP2 235/35R19、8.25Jx19
ブレーキ:前350mm、後260mmローター

詳細は2016グッドウッドで発表される予定になっている。
画像ではオーバーフェンダーが装備されているようだが全幅の数値には反映されていないようだ。

広告

Clio RS16 Conceptの画像

Clio RS16 Conceptを正面から見るとフェンダーが拡幅されている様子が良く分かる。
一説によると全幅は60mm拡幅されているようだ。
それに合わせてフロントの造形が施されている。
Clio RS16 Conceptのフロント画像その2

拡幅されたフェンダーに合わせてボディーサイドにも空力付加物が付く。
19インチのタイヤホイールを履いているがかなり大きく感じる。
Clio RS16 Conceptのフロント画像その3

Clio RS16 Conceptを横から見るとフェンダーの後部にスリットが設けられているのが分かる。
19インチのタイヤホイールのせいなのか車高はかなり高い印象だ。
Clio RS16 Conceptのサイド画像

Clio RS16 Conceptのエンジンルーム。
クリオのエンジンルームに無理やり詰め込んだ印象がある。
バッテリーが小型のモノが積まれていて重量を意識しているのが分かる。
またエンジンには装飾のためのカバー類が一切つかない。
Clio RS16 Conceptのエンジン画像

広告

Clio RS16 Conceptの走行画像

Clio RS16 Conceptの走行中の画像だがボンネットにはボンピンが付いているのが分かる。
Clio RS16 Conceptの走行中フロント画像

屋外で見るとフェンダーのふくらみはそれほど目立たない印象だ。
ロールは非常に少ない印象。
Clio RS16 Conceptの走行中サイド画像

気持ちよさそうにコナーへアプローチするClio RS16 Conceptの姿勢が素晴らしい。
FFでコーナーアプローチでこうした姿勢を取れる車は少ないだろう。
ドライバーもかなりの手練れと見た。
Clio RS16 Conceptの走行中コーナーアプローチ画像

その後のクリップ付近の姿勢は安定している。
やはりタイヤホイールの大きさが目立つし車高も高い。
Clio RS16 Conceptの走行中クリップ付近画像

今回はこのへんで
では

 

 

広告

関連カテゴリー

関連するカテゴリーはこちら、是非チェックしてみて下さい。

おすすめコンテンツ

気に入っていただけたら是非シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
*が付いている欄は必須項目です。

内容に問題なければ、下記の「OK!」ボタンを押してください。