「インフィニティ Q60」の出来が素晴らしい なかなかスポーティーなデザインだ

    2017/01/12

インフィニティーを取り上げるのは久しぶりだ。
日本ではインフィニティーというブランドは展開されず一部の車種が日産の販売店で扱っているに過ぎない。
このあたりはトヨタのレクサスとは戦略が全く異なり日本のマーケットに対しては手を抜いていることが見え見えでユーザーとしては気分悪いことこの上ない。
日本における日産のマーケティングはつまらないのだが車自体はなかなかよさそうなのだ。

インフィニティーQ60のサイド画像

広告

インフィニティーQ60という車

インフィニティーのラインアップは簡単に言うとQ50/QX50/QX60/Q70/QX80というモデルがある。
Qの次にXが付くのがクロスオーバー車となっている。
このラインアップに新たにQ60とQX30が新たに加わる予定になっている。

インフィニティーQ60のモデル構成

インフィニティーQ60のモデル構成は比較的シンプルだ。

  • Q60 2.0t
  • Q60 2.0t Premium
  • Q60 3.0t Premium

基本的には3種でそれぞれ2WDと4WDモデルがラインアップされる。

インフィニティーQ60のスペック

エンジンは素の2.0tと2.0t Premiumが2.0Lの4気筒ターボエンジンを積む。
3.0t Premiumは3.0LのV6ツインターボを積む。

2.0L

最大馬力:211ps/5,500rpm
最大トルク:350Nm/1,500rpm

3.0L

最大馬力:304ps/6,400rpm
最大トルク:400Nm/1,600~5,200rpm

3.0L HIGH

最大馬力:405ps/6,400rpm
最大トルク:475Nm/1,600~5,200rpm
※ハイパフォーマンスバージョンも存在するようだ。

パフォーマンスは上記の通りだがQ60の最大の特徴は第2世代となるステアリングバイワイヤだろう。
これは「Direct Adaptive Steering」と呼ばれ次の6つのモードを持つシステムとなっている。
Customize/Standard/Snow/Eco/Sport/Sport+(オプション)
※モードによりロックToロックも変化する

広告

インフィニティーQ60の画像

真正面から見ると最近のインフィニティーのデザインそのものだ。
よく言うとブランドがすぐわかるのだが悪く言うと車種がわからない。

インフィニティーQ60のフロント画像

この角度から見るととよっと鼻先が重い印象があるが全体的に抑揚のよく効いた躍動感のあるデザインだ。

インフィニティーQ60のフロント画像その2

サイドから見るときれいなクーペ形状となっていて素晴らしいデザインだ。
FRらしくリアフェンダーのふくらみがダイナミックでパワー感をイメージさせる。

インフィニティーQ60のリア画像

リアはあっさりしたデザインであまり特徴がない。
マフラーは左右2本出し、マフラーの横のデザインが少しごちゃごちゃしている。

インフィニティーQ60のリア画像その2

インパネデザインは縦の直線基調で少々古臭い印象だ。
全体的にはそれほど高級感のあるデザインではないがゴチャゴチャもしていない。

インフィニティーQ60のインパネ画像

広告

日本では流行らないクーペだが

インフィニティーQ60はきれいなクーペ形状の車で世界的には最近のトレンドだ。
他の自動車メーカーもプレミアムクラスに比較的大柄なクーペを次々とリリースしてきている。

日本ではこうしたプレミアムクラスのクーペはマイナーなマーケットだ。
どうしてもセダン形状の車が前面に出てクーペ形状の車は特別な車という位置づけになってしまっている。
それにはセダンのデザインが非常に良くなっているのも一つの理由だろうと思う。
なんせセダンのデザインが非常に良くなっているからだ。

そういうことを考えると現状の日産のマーケティングを見ているとインフィニティーQ60を日本では発売しないだろうと思う。
一方レクサスではRCというクーペモデルを日本でも出してきている。
こうした部分にレクサスとのマーケティングの差がよく出ていると思うのだ。
なかなかデザインが良いだけに日本でも発売したらよいのにと思う。

今回はこのへんで
では

広告

関連カテゴリー

関連するカテゴリーはこちら、是非チェックしてみて下さい。

おすすめコンテンツ

気に入っていただけたら是非シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
*が付いている欄は必須項目です。

内容に問題なければ、下記の「OK!」ボタンを押してください。