ステアリングは真円でないとあかんのでS660用を探してみた 純正交換タイプは皆無だった

    2017/03/29

管理人は常々ステアリングホイールは真円がベストだと考えている。
最近の車は下部がフラットなD型シェイプのステアリングホイールが多い。
管理人の乗っているS660もご多分に漏れずD型シェイプのステアリングホイールを持っている。
以前からS660に装着されたD型シェイプのステアリングは不満だったので真円のステアリングホイールを探そうと思った。
結論から言うと純正交換タイプ(エアバッグが使えるタイプ)の真円のステアリングホイールは皆無だった。

ケンスタイルのS660用純正交換タイプのステアリングホイール
kenstyle.co.jpより拝借

広告

なぜ走りにこだわるS660のステアリングホイールは真円ではないのか?

管理人TomTomが思うにS660は相当に走りにこだわった作りをしている車だと言える。
それなのにS660のステアリングホイールは真円ではないのが大変不満だ。
メディアによるとS660のステアリングホイールは乗降性を考慮した下部がフラットなD型シェイプになったということだ。

S660は元々フロアが低く、サイドシルは高く、室内は狭く、乗降性は良くない、それは分かりきったことだろう。
そこまでしておきながら走りに直接関係するステアリングホイールがどうしてD型シェイプなのだろう。
これは詰めが甘いと言わざる負えないと思うのだ。

広告

ステアリングホイールは真円がベスト

管理人TomTomは常々ステアリングホイールは真円でないといけないと書いてきた
それはステアリングホイールをくりくり回した際に掴めなくなるからだ。

ただしロックツーロックが180度で収まるならステアリングホイールを持ち替える必要が無いので必ずしも真円でなくても良いだろう。
だがロックツーロックが180度で収まる市販車なんてそうそうあるものではない。

ステアリングホイールの回し方はイロイロあるだろう。
現在管理人TomTomは非常にオーソドックスな回し方をしている。
だがS660のステアリングホイールは小径過ぎて回し過ぎのきらいがあるので送りハンドルで回してみようかと思っている。

パワステが装着されていない時代に正確にステアリングホイールを回すために使っていた方法だ。
送りハンドル自体の説明はココでは割愛するが少しづつ回すことができるので回し過ぎ対策には良いだろうと思っている。

下の画像はTom’sの86/BRZ用の純正交換タイプのステアリングホイールだが全体の形状は真円。
握り部分がイロイロと変化した形状、これくらいして目立たせないとユーザーはわざわざ交換しないのだろう。

Tom'sの86/BRZ用の純正交換タイプのステアリングホイール
tomsracing.co.jpより拝借

広告

できればエアバッグは外したくない

S660はたぶん現在日本で発売している車の中では車内空間が最狭の車だろう。
その狭い車内に運転席、助手席、それぞれのサイドと4つのエアバッグが装備されている。
小さな軽自動車だけにクラッシュ時のダメージを考えるとエアバッグは外したくないのが正直なところだ。

S660でエアバッグに関係するモノと言えば

  • ステアリングホイール
  • 運転席シート
  • 助手席シート

となる。

この中でスポーツ性を突き詰めていけばステアリングとシートは交換する可能性が高い。
現に管理人TomTomはステアリングホイールにはすでに不満たらたらなのだ。

サーキットへ走りに行くようになるとシートもフルバケットに交換したくなるだろうから運転席のエアバッグは全滅となる。
できれば外したくないがスポーツ走行のためを考えれば背に腹は代えられないというところに行き着きそうだ。

S660のエアバッグは4つ、狭い室内なので実際に展開したらえらいことになりそうだ
honda.co.jpより拝借

広告

市販の純正交換タイプのステアリングホイールを探してみた

一昔前まではステアリングホイールを交換するとなるとボスを取り付けるタイプのモノしか選択肢がなかった。
しかし現在は握る部分のみを変更した純正形状のステアリングホイールもある。
こうしたタイプだとエアバッグやスイッチ類をそのまま移植できるし見てくれも純正とそれほど変わらない。

S660用の純正交換タイプのステアリングホイール

この純正交換タイプのステアリングホイールでS660用で真円のものを探してみた。
残念ながら純正交換タイプではS660用の真円のモノは存在しない。
市販されているものはノーマルと同じくD型シェイプで、なおかつ9時15時の位置がガングリップタイプとなっている。
またステアリング形状はノーマルと同じくD型シェイプだし握りが太すぎる。
管理人TomTomの好みとはかけ離れてしまっているのだった。

 

参考:86/BRZ用の純正交換タイプのステアリングホイール

ちなみに86/BRZでは元々ついているノーマルのステアリングホイールが真円なのだ。
それでもステアリングホイールを交換したい人向けに各社から純正交換タイプが発売されている。
面白いのは86/BRZ用はほとんどが真円なのだ。
86/BRZという車自体はスポーツカーだしフロアも低いのでS660とはよく似た条件なのだ。
同じような条件なのに86/BRZはノーマルが真円だからなのか、コンサバなリアルスポーツを追求する人が多いのか、ここは車によっても異なるようで面白い。。

 

広告

S660のステアリングを真円にするにはエアバッグを取るしか無いのか…

S660の純正交換タイプのステアリングホイールは結局1社から発売になっているのみだ。
こうした純正交換タイプのステアリングホイールはノーマル然とした形状が大いに好みだ。
だが選択肢が他に無いのでどうしようもない。

どうしても真円にこだわるならナルディのようなボスを使用するタイプのステアリングホイールを装着するしか無い。
このタイプに交換すると当然エアバッグを取り外すことになる。
走ることだけを考えれば取り外してしまっても全く問題はないのだが、現在の管理人TomTomのS660の使い方はツーリングが主体なだけに少し躊躇してしまうのだった。
もう少し悩んでみようと思う。

今回はこのへんで
では

広告

関連カテゴリー

関連するカテゴリーはこちら、是非チェックしてみて下さい。

おすすめコンテンツ

気に入っていただけたら是非シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
*が付いている欄は必須項目です。

内容に問題なければ、下記の「OK!」ボタンを押してください。