ゴムが好きなんですフロアマット S660用のゴムのフロアマット「EZクリーンフロアマット」には改良の余地あり

 

管理人はゴムのフロアマットが大好きだ
だがこのゴムのフロアマットはなかなか難しい。
特にサードパーティー製のゴムのフロアマットはなかなか満足できるものが無い。
現在管理人はS660に「EZクリーンフロアマット」というゴムのフロアマットを装着しているが改良の余地が多い。
そんなことを書いてみた。

「EZクリーンフロアマット」の表面のアップ

広告

ゴムのフロアマットに求めるもの

昔みたいにフロアマットならなんでもよいという時代ではない。
管理人TomTomの大好きなゴムのフロアマットだってカッコの良いものが欲しい。

管理人TomTomはS660導入時にゴムのフロアマットをイロイロ研究してみた。
一番良いのは純正品のゴムのフロアマットだ。
やはり純正品のフィット感が得られるゴムのフロアマットはサードパーティー製では難しい。

ゴムのフロアマットに求めるのは掃除が楽なことももちろんあるがフィット感が大切だ。
そのためにはゴムのフロアマットの固定方式にもこだわりたい。
純正フロアマットの固定用に使用するフックを使用して取り付けできればベストだと思う。
そうすればゴムのフロアマットの機能的な部分も活かせるし確実に取り付けができズレるということもない。
実はS660ではサードパーティーのゴムのフロアマットは2択だった。
「EZクリーンフロアマット」を選択したのは純正フロアマットの固定フックで取り付けできると思いこんで購入に至ったのだった。

フロアマットはしっかり固定できてその上で見てくれが良いに越したことはない。

広告

「EZクリーンフロアマット」を使用してみて不満に思ったこと

こんな経緯で管理人TomTomはS660に「EZクリーンフロアマット」を装着してみたのだった。
この「EZクリーンフロアマット」はデザイン面と機能面は大変良くできている。
「EZクリーンフロアマット」はメッシュ状の1枚めと分厚い2枚めの2層構造になっている。
1枚目のメッシュ部分が良くできていて機能と見てくれのバランスが取れている。

「EZクリーンフロアマット」の表面のアップその2

ヒールプレートがあかん

「EZクリーンフロアマット」には最初から一応ヒールプレートなるものが装着されている。
このヒールプレートは材質が悪くて危険だ。
靴がすごく滑るのだ。
仕方がないので管理人TomTomはこのヒールプレートを取り去ってしまった。
メーカーはヒールプレート上で靴が滑ることをなんとも思わないのだろうか。
ちょっと気になるのだった。

1層目が分厚い

S660に装着して不満なのが「EZクリーンフロアマット」全体が分厚いことだ。
1層目と2層目を合計(装着状態)すると厚みが1cm以上あるのではないだろうか。
このためにS660の場合はかかととペダルの関係に少々難がある。
狙っているよりもペダルの上の方を踏んでしまうのだ。
たぶん3mmとか5mmくらいの違いだとは思うのだが人間の感性とは素晴らしくこの違いを感じてしまうのだった。
S660以外の車なら気にならない(上から踏み降ろす形になる)と思う。
S660の場合は1枚目の厚みを半分くらいにしたらちょうど良いと思う。
たぶん「EZクリーンフロアマット」のメーカーは実際にS660に装着して走っていないのだろう。

「EZクリーンフロアマット」の1枚目の表側

固定に難がある

「EZクリーンフロアマット」を購入する際にはわざわざ純正のフロアマット固定フックを購入して取り付けた。
だが純正のフロアマット固定フックに「EZクリーンフロアマット」は装着できないのだった。
これは大いなる誤算だったが幸いにも穴の位置は同じなので穴に入れるだけにしている。
「EZクリーンフロアマット」は1層目の縁にマジックテープがありかなり強力にフロアに固定できる。
実用上はこの状態で全く支障はない。
完璧を期すなら純正のフロアマット固定フックで固定できるように工夫すればベストだ。
フロアマットにとってキチッと装着できる事は非常に重要だ。

広告

なぜスポーツカーには純正ゴムのフロアマット設定がないのか?

常々管理人TomTomは不思議に思っていることがある。
日本のスポーツカーには純正のゴムのフロアマットの設定がないことが多い。

ゴムのフロアマットこそドライビングにとっての機能性に満ちていると思っている。
ある程度リジットでクッション性もあるちょうどよいペダルワークができると思う。
絨毯のフロアマットはそれがないのだ。
さらに水やホコリに強く掃除が楽という点も見逃せない。

こうした利点だらけのゴムのフロアマットを自動車メーカーがスポーツカーにオプション設定しないのはどういうことなのだろうか?
たぶんS660も純正オプションのゴムのフロアマットがあればそれを購入していただろう。

86のトヨタ純正ゴムのフロアマット

ちなみにいつも引き合いに出す86/BRZでは次のようになっている。

  • トヨタ86:ゴムのフロアマットの設定あり
  • スバルBRZ:ゴムのフロアマットの設定なし

元は同じ車なのに自動車メーカーの考え方が出ていて面白い。
トヨタは積雪地帯や雨天時のことも考えて設定しているのだろう。
トヨタはほとんどの車種に純正オプションのゴムのフロアマットを設定している

トヨタとは正反対のスバルの考え方だ、フロアマットは絨毯タイプで十分だと考えているらしい。

 

広告

輸入車メーカーを見習って欲しい

管理人TomTomがゴムのフロアマットで感じることは輸入車メーカーを見習ってほしいということだ。
輸入車メーカーは非常に高い確率でゴムのフロアマットの設定がある。
高級車と言えども雨や雪が降れば濡れるのだ。
実に多彩な車の利用状況を想定していると思う。

実用車なら普通にゴムのフロアマットで掃除を楽にしたいだろう。
高級車ならスキーリゾートやハンティングに出かけるなんてことも想定しているのかもしれない。
ゴムのフロアマット一つとっても想像が広がって面白いものだ。
日本の自動車メーカーにはゴムのフロアマットを是非純正品で用意してもらいたいと思う。

その点トヨタはかなりの車種にゴムのフロアマットを設定していて他の自動車メーカーとは考え方が異なる。
これは素晴らしいことだと思う。

一方サードパーティーが作るゴムのフロアマットは昔に比べれば随分とスマートになった。
だがツメが甘くて固定方法がイマイチだ。
ここはこだわったモノを作って欲しいと思う。

今回はこのへんで
では

広告

関連カテゴリー

関連するカテゴリーはこちら、是非チェックしてみて下さい。

おすすめコンテンツ

気に入っていただけたら是非シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket