ホンダS660に思う 大いに魅力的だが金食い虫になる可能性が高いことは間違いない

 

前回書いたように弾丸ツアーのダメージが抜けない管理人である
ここのところS660ネタばかりで恐縮なのだがどうにもこうにも泥沼にハマりそうな予感がしている。
S660は近頃のホンダにしては痛快で貴重な車だ。
それは大いに認める。
だが未完成、いや未成熟な部分が多くてたくさん手を入れなければならない車だということに今さら気がついた管理人である。
実はここから進もうか?それとも退却しようか?と思案に暮れているのだった。
そんなS660の金食い虫ぶりを書いてみた。
あくまでこれは管理人の考えなのでご了承いただきたい。

S660で行く熊野路、トンネルの中モノクロ編

広告

全体的には素晴らしいパッケージングのS660

まずS660の成り立ちについてだ。
軽自動車、ミッドシップ2シーター、タルガトップ、それにミニNSXのようなルックスとS660の全体的な成り立ちは素晴らしい要素で構成されている。
こんなたくさんの要素が詰め込まれた車ってそうあるものではない。

管理人TomTom的にはタルガトップというのが余分だが素晴らしいコンセプトのパッケージングだと思っている。
今さらながらよくこうした車を世の中に出したものだとホンダには感心している。

広告

荒削りな仕上がりのS660

S660の全体的なパッケージングは前述の通り素晴らしいものがある。
だが冷静になって考えてみるとS660は様々な部分が中途半端な仕上がりになっていてノーマルのままだと満足できる部分が少ない。

悪口を並べ立てているわけではないがノーマルS660の気になる点を上げると。

ステアリングは操作感が軽すぎてフィードバックが少ないのとクイック過ぎる。
ブレーキもフィードバックが少なくてどれだけ踏めばどれだけ効くか分かりづらいし明らかに容量不足。
シートの出来が悪く管理人TomTomの場合は弾丸ツアーのダメージが2週間も引きずっている。
サスペンションは全般的には及第点だが動きが悪くてしなやかさがないので疲れる。
車内はうるさく熱い。
シフトレバーの位置が悪く操作しづらい。
ボディーはもう少しだけカッチリとした剛性が欲しい。
上が回らないエンジン。

広告

乗り込んでいくと不満点がどんどん出てくるS660

管理人TomTomが車に求めることは素性の良さが必要だと思う。
以前にも書いたがココで言う素性とは基本的な成り立ちが良くて不満点が少ない車のことだ。
もちろんお金を掛ければ解決できることは飛躍的に多くなり理想に近づくことだろう。
だが一般ユーザーがどれだけ車にお金を掛けれるのか?ということはクルマ好きにとって永遠のテーマだ。

競技が好きな人は競技車としてしっかり車を作り込まなければならないのでコストがかかる。
ストリートでもトコトンやりたい人も同様だろう。
どれだけお金を掛けれるのかという事も人それぞれだと思う。
管理人TomTomがラリー競技に参加していた時は金策に奔走したものだ。
競技車を作り込まなければならないし、練習もしなければならない、スペアパーツも必要だ。
さらに本番では勝負用のパーツやらエントリーフィーやらガソリン代やらなにかと物入りだ。

話をS660に戻そう。
S660の使い方として短距離をササッと乗るだけというような使い方ならそれほど不満は出ないかもしれない。
管理人TomTomの場合は長距離を一気に走るような使い方をする。
それも高速道路を極力走らず一般道の峠を走る。
こうした使い方でS660の不満点があらわになってきた。
管理人TomTomの場合はどうにもこうにも我慢ならんという部分しか弄らないことにしている。

そこでこれまでにS660で我慢ならんと思って手を付けたのが次のモノだ。

軽いタイヤホイールで軽快に走りたかったのでリア15インチ化した
安心感のある固い屋根がほしいと思ったので無限ハードトップを導入した
ブレーキの感触を改善したかったのでブレーキパッドを交換した

現在、管理人TomTomが切実に思っているのはシートをなんとかしなきゃいけないということだ。
今回の岡山弾丸ツアーの身体へのダメージが大きすぎたからだ。
今まで一気に距離を走ることは数えられないほどしているのだがこれほどダメージが残ったのは初めてだ。

そこで今回思案しているのがシートの交換なのだ。
狙うはフルバケットシートだが、コスト的には最低でも10万円、実質15~6万円くらいは必要になるだろう。

広告

きっとこの次は…

管理人TomTomが思うに…
その次にはサスペンションにも我慢ができなくなるだろう。
そのうちにエンジンにも手を入れたくなると思う。
管理人TomTomが思うにS660はこうしたところがキリがないのだった。

管理人TomTomの場合は外観についてはノーマルで満足しているのでエアロパーツはあまり装着する気がない。
しかしエアロ好きな人はかなりのパーツ代が掛かってしまうだろう。

S660は軽自動車なのに、いったいどこまでやるんだ?という気分になる。
以前「S660は軽自動車だと思っていはいけない」という記事を書いたが全くそういう気分である。

広告

S660のオーナーの多くがそう思っているに違いない

管理人TomTomが思うに、S660に対してこうした思いを持つ人は非常に多いのではないだろうか。
きっとそれが購入から半年くらいで手放す人が多いという噂につながっているのだろうと思う。

管理人TomTomの場合はできるだけ最小限のモディファイで車に乗りたいと思っている。
その車のオリジナルの設計なり考え方、セッティングを味わいたい。
それに金銭的にはもっともっと走ることや出かけることを目的としたいからだ。
そのためにランニングコストの低い軽自動車を選択したのではなかったのか?と思い返してみる。
気持ちのよい車で自分が行きたい場所や見たい場所に出かける際のパートナーとしたいと思っている。

管理人TomTomの場合、S660を本人が気に入っているだけに、こうした不満をどうしても解決して自分好みで快適なパートナーとしたいという思いがどんどんエスカレートさせる。
S660はこうした点でサッと見切りを付ける人と、とことん弄ってしまう人に別れるのではないかと思う。

明日にでもフルバケットシートを買いに行ってしまいそうで自分が恐ろしいのだった。

今回はこのへんで
では

広告

関連カテゴリー

関連するカテゴリーはこちら、是非チェックしてみて下さい。

おすすめコンテンツ

気に入っていただけたら是非シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket