車体色はどのように決めるだろうか? 現在は白×白で色気がないがこれはこれで満足

 

車の車体色って皆さんはどのように決めるのだろうか?
管理人の場合は飽き性なこともありあっさりとした色が好きだ。
どちらかというと明るい色が好きで振り返ると白が圧倒的に多い。
白じゃないといけないというわけではない。
実情は惚れ惚れするきれいな色が少ないという事の裏返しだと思うのだ。
そんな事を考えてみた。
S660とBRZのツーショット、2代とも白になってしまった

広告

競技車両は白が圧倒的に便利

管理人TomTomの場合は運転免許証を取得してからすぐに競技の世界に入ってしまった。
スポンサーが付くような場合は別だがプライベーターは車の外観にだってこだわりたい。
だが、全塗装したりフルラッピングしたりする費用はなかなか捻出できない。
そこで自分たちでなんとかカッコよくしたいということで部分的にカッティングシートでなにかしらの装飾を施すのではないだろうか。

管理人TomTomの場合はカッティングシートのネイビーと朱色でチームのマーキングをしていた。
そうした部分的な装飾の際にベース色は白が圧倒的に自由が効く。
それに車両によっては競技車ベースとなるグレードには車体色が3色くらいしか用意されない場合が多い。
そんな中から車体色を選択すると白が多くなるのだった。

どうもこういうことを管理人TomTomは引きずっているのだろう。

広告

本当はウキウキするような彩度の高い色が好きだ

今まで乗った車で一番のお気に入りはシトロエンC2のジョーヌ・ラという色だった。

ジョーヌ・ラという車体色は不思議な色だった。
光の加減で表情がかなり変わる色だった。
基本的には黄色なのだが、緑と黄色の間で2/3ほど黄色に寄った色と言っても想像がつかないだろうと思う。

車の色というのは不思議なもので色によって受ける印象がまったく異なる。
毎日乗る人は飽きない色が良いかもしれない。
時々乗る人は乗る度に元気が出そうなウキウキする色が良いと思う。

管理人TomTomは通勤で車を使わないので愛車と毎日ご対面しているわけではない。
そういったこともありウキウキする色が良い。
紹介したジョーヌ・ラという色はウキウキする色で良い色だった。
シトロエンC2のジョーヌラという黄色

広告

微妙な感覚の色は日本車では難しい

実は管理人TomTomが今まで乗った車で大変気に入ったのはジョーヌ・ラくらいだ。
日本車ではなかなかコレは良いという色に出会ったことがない。

単純に黄色の設定がある車は国産車でもかなりある。
しかし実際に見てみると黄色が強すぎたり、蛍光色か?と思うほど彩度が強すぎたりする。
絶妙な色合いの車は国産車には少ない。

そんな事を考えていると消去法でパールが入った白になってしまう。
でも白はいつ見てもクリーンで清楚な印象があり飽きが来ない(きれいに洗車してあるという前提だ)。
白い車体色はウキウキすることは少ないがスッキリする。

広告

結局、白×2となってしまった

管理人TomTomの手元には嫁さん用のBRZと管理人TomTom専用弾丸ツアー用S660の2台がある。
家の車が2台の時は出来る限り色がかぶらないようにするのだが、今回は両方とも白になってしまった。
両車とも素の白ではなくパールが入った白となっている。

先日、洗車した際に2台を並べてみた。
実は自分の車を2台並べて写真に撮るなんて初めてかもしれない。
白い車が2台並んでもなにも華は無いがコレはコレで面白い。

ウダウダと書いてきたが管理人TomTomはこんな感じで車体色を決めてきた。
実際の色がきれいな色であれば白にはこだわっていない。
だが濃い色もグレーやグリーン、それに黒も乗ったがどちらかと言うと淡い色が好きなようだ。
管理人TomTomが乗った過去の車はこちらを見て欲しい

車の車体色というのは色そのものも重要だが、その車と色が組み合わされて醸し出す雰囲気が重要だと思う。
管理人TomTomはこれまで書いたような感じで車体色を選択してきたが、皆さんはどのように車の車体色を決めるのだろうか。
S660とBRZのツーショット、2代とも白になってしまった

今回はこのへんで
では

広告

関連カテゴリー

関連するカテゴリーはこちら、是非チェックしてみて下さい。

おすすめコンテンツ

気に入っていただけたら是非シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket