「BLUE BOXER」ってなんだ?、スバルエンジンのキャッチフレーズ

    2015/06/20

スバルからWRX S4が発表になり2014年8月25日から発売開始となる。 そのパワートレインは「BLUE BOXER」というネーミングで、これはあまり意識していないがレヴォーグと同じものだ。 BlueBoxer

広告

他との差別化に良い名前「BLUE BOXER」

WRX S4自体がレヴォーグのセダン版のような存在だからパワートレインが共通なのは理解できる。
スバルの「BLUE BOXER」は次世代の環境対応型エンジンとして位置付け、俗に言うダウンサイジングターボエンジンの成り立ちだ。

広告

スバルには「BOXER DIESEL」もある

スバルにはこの他にまだ日本への導入がされていない「BOXER DIESEL」がある。同じエコならこちらが本命だろう。
日本ではハイブリッドがあるのでなかなか導入されないが、ヨーロッパではかなりの実績がありそうだ。
ちなみにスペックは147PS、350Nm/1,600-2,400rpmとなっていてかなりの実力派だ。
早期の日本導入が望まれるところだ。

今回はこのへんで
では

広告

関連カテゴリー

関連するカテゴリーはこちら、是非チェックしてみて下さい。

おすすめコンテンツ

気に入っていただけたら是非シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket