スバル新型WRXは受注好調、スポーツセダンが売れ始めている?

    2015/10/23

スバル新型WRXの発売から約1ヶ月間でのセールスの数値が発表になった。
IMG_1767

広告

購入層の中心は40代と50代

WRXシリーズの中でも2ペダルのS4は1992台の受注があり月販目標の400台を大きく上回っている。
購買層は40代と50代が中心となっていて、2ペダルであることや価格が比較的高いということも影響しているのだろう。

広告

スポーティーなセダンの復権か

このS4はユーザーが想像しているよりもスポーティーなようでメディアの評価も高いものとなっている。
一方WRX STiについても1,843台の受注があり、こちらも月販目標の250台に対して好調な滑り出しとなっている。こちらの購買層はS4よりも一段若く30代から40代が中心となっている。MTということもあり妥当な購買層だと思う。
こうして見るとスポーツセダンの復権も近づいているのかもしれない。そろそろミニバンに飽きてきた頃なのだろうか。

今回はこのへんで
では

広告

関連カテゴリー

関連するカテゴリーはこちら、是非チェックしてみて下さい。

おすすめコンテンツ

気に入っていただけたら是非シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
*が付いている欄は必須項目です。

内容に問題なければ、下記の「OK!」ボタンを押してください。