S660はどんな形で現れるのか?、迫ってきた発売時期

    2015/06/30

S660の情報が錯そうしていたり一部ネット上に流出しているようだ。それによると2015年2月には限定発売という形で軽自動車枠のS660が発売になるようだ。その後限定ではないバージョンはどうなるのか?とかS1000が企画されていてよりハイパワーだとか情報が錯そうしている。

広告

軽自動車としてのスポーツカーS660はパワー不足

しかし以前書いたが軽自動車の規格通りの出力ではスポーツカーとしてパワー不足なのだ。
ネット上の情報によると重量は830kgということなのでパワーウェイトレシオを計算してみる。830kg÷64PS=12.97kg/PSとなり全くお話にならない。
仮にスズキの新型アルトの重さだったとしたら620kg÷64PS=9.69kg/PSとなり10は切ってくるのでまだマシだ。
スポーツカーと言うならせめて7くらいは行かないと動力性能が期待できない。
つまり軽自動車であるS660に動力性能は期待できないということだ。
S660の画像、ここまで凝ったスタイリングにしなくてももっとスポーティーさを発揮できがはずだ

広告

S1000が本命なのか?

ホンダもこのことは気にしている事だろう。Sが頭に付いたモデルであるからにはキチンとしたスポーツカーを作りたいはずだ。
とするとS1000の存在が際立ってくる。1000ccに拡大されたエンジンならばターボを付けてそこそこの数値が出せる。
こちらのほうがホンダの考える小さなSの本命かもしれない。

広告

個人的には気に食わないS660のオープンボディー

なぜホンダはオープンボディーにこだわるのだろう。
個人的にはオープンボディーは剛性確保が難しく重量が重くなる傾向なので好まない。オープンにして走るのは爽快だろうが両立は難しいと思うのだ。コスト面でも有利なのではないだろうか。
スズキの新型アルトにもターボモデルが登場する予定だ。一番重いFFモデルでも650kgでこれにターボが付いて20kg増しとして670kg。
パワーウェイトレシオを計算すると670kg÷64PS=10.47kg/PSとなる。
スポーツカーとしては苦しいところだがまずますの数値だ。
アルトターボRS、アルト自体が軽い作りになっているので重量的には期待できる、どのような味付けをしてくるか気になる
きっと同じようなことを考えているユーザーが多いと思う。
ホンダのS660かスズキのアルトターボRSかどちらが軽自動車として面白いだろうか?
楽しみと言えば楽しみなのだ。

今回はこのへんで
では

広告

関連カテゴリー

関連するカテゴリーはこちら、是非チェックしてみて下さい。

おすすめコンテンツ

気に入っていただけたら是非シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket