日本にも導入予定ちょうど良いサイズ、メルセデスC350プラグインハイブリッド

    2015/06/18

2015NAIASでC350プラグインハイブリッドが発表された。

広告

メルセデスCクラスはジャストサイズ!

メルセデスのCクラスは日本では日常利用するのにちょうど良い大きさの車だ。それに今回のCクラスは非常に出来が良い内容となっていて、そのプラグインハイブリッド版が登場した。

メルセデスC350プラグインハイブリッドのエステートのフロント画像、通常のCクラスと外観は変わるところはない、画像はネット上から拝借

メルセデスC350プラグインハイブリッドのエステートのフロント画像、通常のCクラスと外観は変わるところはない、画像はネット上から拝借

メルセデスC350プラグインハイブリッドのエステートのリア画像、ハイブリッドなのに立派なマフラーが付いているという考え方はあかんのだろう、画像はネット上から拝借

メルセデスC350プラグインハイブリッドのエステートのリア画像、ハイブリッドなのに立派なマフラーが付いているという考え方はあかんのだろう、画像はネット上から拝借

 

広告

Sクラスに次ぐプラグインハイブリッド

メルセデスとしてはS500に次ぐプラグインハイブリッドとなる。パワートレインとしてはC250の2.0L4気筒ガソリンエンジン208bhpに加えて80bhpのモーターが加わることで総合出力275bhp/599Nmを発揮しミッションは7G-TRONICの7速ATとなる。バッテリーパックは水冷の6.2kWhリチウムイオン電池をトランク部分に搭載する。フルチャージすると31kmの距離をモーターで走行可能だ。パフォーマンスは0-100km/h加速は5.9秒、最高速度は250km/hとなっている。エステートボディーは0.3秒と4km遅くなる。元々Cクラスのパッケージングは良くできているところに、このプラグインハイブリッドは運動性能も一級品なのだ。

メルセデスC350プラグインハイブリッドのエステートのインパネ画像、左がメーターパネルでモードが選択できるようだ、右はセンターのディスプレーで現在の動作状況を表示している、画像はネット上から拝借

メルセデスC350プラグインハイブリッドのエステートのインパネ画像、左がメーターパネルでモードが選択できるようだ、右はセンターのディスプレーで現在の動作状況を表示している、画像はネット上から拝借

 

広告

日本への導入が待ち遠しいC350プラグインハイブリッド

この「C350プラグインハイブリッド」2015年に日本に導入が予定されているようだ。日本車のハイブリッド車と異なりハイブリッド化はエンジンに対するスーパーチャージャーのような位置付けとして考えられているのかもしれない。ベース車に比較して燃費と環境性能を落とすことなくハイパフォーマンス化するという感じだ。最近の輸入車はディーゼルもハイブリッドも非常に魅力的になってきた。

メルセデスC350プラグインハイブリッドのエステートのチャージリッド画像、左が充電スイッチ、右は充電リッドでテールライトの下に設置されている、画像はネット上から拝借

メルセデスC350プラグインハイブリッドのエステートのチャージリッド画像、左が充電スイッチ、右は充電リッドでテールライトの下に設置されている、画像はネット上から拝借

 

今回はこのへんで
では

広告

関連カテゴリー

関連するカテゴリーはこちら、是非チェックしてみて下さい。

おすすめコンテンツ

気に入っていただけたら是非シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
*が付いている欄は必須項目です。

内容に問題なければ、下記の「OK!」ボタンを押してください。