ホンダのS660が出た、気になる価格は198万円くらいか

    2015/06/30

以前から関心の高かったホンダの軽スポーツカーS660の試乗記がリリースされ始めた。それによるとボディー剛性が高く軽自動車とは思えないドライビングフィールのようだ。

広告

国内向けと並行して1.0Lターボの開発が並行して進む、これがS1000か

その高いボディー剛性はそれもそのはずで、一説によると1.0Lターボエンジンを積んで130psのモデルが並行して開発中らしい。
軽自動車枠とは別に強力なエンジンを積む予定があるのでボディーを強固に作る必要があるのだ。ボディーについても片側30mmの拡幅が予定されていて全幅60mm幅が広いモデルとなるようだ。
S660フロント画像
↑ S660フロント画像、幌を被った状態のS660、船積みを待っているところだろう、外観はほぼショーカーと同じだ、実用性が無いのは分かっているがこれを見てしまうと欲しくなってしまう、画像はネット上から拝借

広告

S660の気になる価格は

まだ噂の域を出ないが198万円と言われている。そしてS1000のほうは国内では販売されないと思われるが、こちらは250万円程度になる見込みだ。
このS660の198万円と言う価格はスポーツカーとしてみるとかなり頑張った数字ではなかろうか。個人的には250万円程度を予想していたのだが、この価格帯のスポーツカーとしては86やNDロードスターと正面からバッティングしてしまい競争力が無いのが明白だ。
ただし軽自動車のスポーツカーであるという維持費のアドバンテージは明らかにある。
S660のリア画像
↑ S660のリア画像、リアは市販車としては非常に特殊な形状だ、特にリアボンネット上のエアスクープが特徴的でクラシックレーシングカーのようだ、後方視界は最悪だろうからリアカメラの装着は必須だろう、トランクを省いてしまった割り切りが凄い、画像はネット上から拝借

広告

S660はよほどのホンダファンでないと敷居が高い?

軽スポーツカーとしてのS660は実用性が全く無い、というのは荷物のためのスペースが全く無いからだ。
せっかく維持費の安い軽自動車なのにお買い物に使えない車なのだ。ここがダイハツのコペンやマツダのNDロードスターとの決定的な違いとなる。従って走るためだけの結構贅沢な軽自動車なのだ。
予想していたよりも安いとはいえ実用性の無い軽自動車に200万円をどう考えるかだ。

今回はこのへんで
では

広告

関連カテゴリー

関連するカテゴリーはこちら、是非チェックしてみて下さい。

おすすめコンテンツ

気に入っていただけたら是非シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
*が付いている欄は必須項目です。

内容に問題なければ、下記の「OK!」ボタンを押してください。