ホンダ「S660」の完成度は意外と高い?!

    2015/06/30

東京モーターショーでホンダ「S660」が発表されたのは既報の通りだが、改めて見てみると展示された「S660」の中身は一見完成度が高いようだ。
しかしショーカーとしては良いのだが、市販車としてはまだまだの状態だと思う。

広告

画像から想像するS660

スペックは未だに詳細が発表はされていないが画像から改めて「S660」の詳細を読み取ってみよう。
ホンダ「S660」のインパネ画像
↑ ホンダ「S660」のインパネ画像、こうしてインパネ全体を見渡してみると外装に比較して内装はもっともっと詰めなければならないように思える、フラットなタッチパネルを多用していてマンマシンインターフェースがこのままでは心配だ、小さなスペースの中に様々な機能が詰め込まれているように見えるがオーディオやナビはどうなっているのだろう、機能的に不足しているものがまだまだありインパネを見る限り市販は遠そうだ、画像はネット上から拝借

ホンダ「S660」の室内画像
↑ ホンダ「S660」の室内画像、シートの出来は大変良さそうだが完全なフルバケットシートでリクライニング機構は付かないようだ、2シーターなのでここは割り切れば良いだろう、それにリクライニングのためのスペースが稼げる、センターコンソールを支えるアンシンメトリの柱が鬱陶しく室内を狭く見せている、大型化したとはいえ軽自動車のサイズの中にカッコ良く収めるのは至難の技だろうと思う、画像はネット上から拝借

ホンダ「S660」のメーターパネル画像
↑ ホンダ「S660」のメーターパネル画像、上部にはエンジン回転数を示すLEDが並ぶが夜間は眩しくて使い物にならないだろう、エンジンはターボ付きだと思うがメーターからレブリミットは7500回転と読み取れる、ビートは8700回転だったので比較するとかなり低いが現行のホンダの軽自動車の中では十分高い回転数だ、メータパネル自体は比較的オーソドックスな形状で狭い範囲にうまくレイアウトしている、画像はネット上から拝借

ホンダ「S660」のステアリングコラム画像
↑ ホンダ「S660」のステアリングコラム画像、ウィンカーレバーやパドルシフトは既存の車の流用だと思われるがしっかりと装着され違和感がない状態、ただしこのステアリング形状はいただけないと思う、シートがフルバケットで自由度が無い代わりにステアリングにはチルトだけでは無くテレスコピック調整が付けばベストだと思う、画像はネット上から拝借

ホンダ「S660」のシフトレバー画像
↑ ホンダ「S660」のシフトレバー画像、なんだかどうやって操作するのか分からない2ペダル用シフトレバー、左に柱があり操作性もイマイチな印象、ミッションの中身がどのようなモノか分からないがDCTが実現すればMTは不要かも、そうでなければMTが必要になると思う、個人的にはMTで是非乗ってみたい車だ、画像はネット上から拝借

ホンダ「S660」のペダル配置画像
↑ ホンダ「S660」のペダル配置画像、一部の報道ではこのスペースでは3ペダル化は難しいだろうという事になっているが画像を見ている限り3ペダル化は可能なように見える、でも実際に見たわけではないので断言はできないがイロイロと策はあるだろう、例えばフットレストをセンタートンネルにめり込ましてしまうのはどうだろう、画像はネット上から拝借

ホンダ「S660」のシート後方のカウル部分画像
↑ ホンダ「S660」のシート後方のカウル部分画像、スピードスターの雰囲気を出そうという考えなのだろうが別に必要無いと思う、それよりも小さなエンジンルームの整備性が気になるのでガバっと開口してメンテができるようにしてもらいたいと思う、また後方視界の確保も重要なのではないだろうか、画像はネット上から拝借

ホンダ「S660」のヘッドライト周辺の画像
↑ ホンダ「S660」のヘッドライト周辺の画像、ヘッドライト部分もデザイン的にかなり作り込まれている、光物が多い演出がされていて若者受けはしそうな感じだ、価格は安くは無い軽自動車なので少し疑問が残る、価格が高いのなら渋くおっさん受けを狙うのが良いのではないだろうか、画像はネット上から拝借

ホンダ「S660」のフロントフェンダー周辺の画像
↑ ホンダ「S660」のフロントフェンダー周辺の画像、スリットが入り実際にエアが抜けるのかどうかは分からないが見てくれはレーシーだ、ユーザー目線から見るとカッコは良いが掃除は大変そう、まあ実際には不要な機能かもしれない、画像はネット上から拝借

ホンダ「S660」のリアホイール前部のエアインテーク画像
↑ ホンダ「S660」のリアホイール前部のエアインテーク画像、見る限り実際に穴が開いておりエアを取り込むようになっているようだ、ミッドシップでここに開口部がある車は過去にも例が沢山ある例えばMR2なんかもそうだった、ミッドシップマウントのエンジンへのエアインテークはボディー上部のヘッドレスト横からも吸い込むらしい、画像はネット上から拝借

広告

S660はこれからの作り込みに期待

改めて細部を見てみるとかなり作り込まれたことは良く分かる。
しかし今のままではターゲットをどこにおいているのか分からず、また価格とのバランスが悪いように思え全体的なバランスが取れていない。とりあえずディティールにこだわったデザインをしましたという段階なのだろう。
これから市販化のための作業が行われて、ターゲットに合わせた作り込みと価格との調整がされるようになるのだろう。発売は2015年に予定されているらしいので、現在の出来具合を見れば実際にそれくらいにならないと出てこないように思える。
モーターショーということで展示をしたと思うのだが内容を考えると少し出すのが早すぎたような気配だ。市販モデルは予想するにこれとはかなり変わった形で出てくることになるだろう。
小さなスポーツカー好きとしてはデザインも動力性能も気になる車だ。
最近わくわくするスポーツカーの話題の少ないホンダだが期待しようと思う。

今日はこのへんで
では

広告

関連カテゴリー

関連するカテゴリーはこちら、是非チェックしてみて下さい。

おすすめコンテンツ

気に入っていただけたら是非シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket