ゴムが好きなんですフロアマット、第2弾トヨタ編

    2015/12/11

実は当ブログでアクセスの多い記事の中でゴムのフロアマットの記事は長い間人気が衰えない記事としてロングランになっている。
それだけゴムのフロアマットに読者の皆さんが興味を持っているという事だと思う。
そこで現行車種で純正のゴムのフロアマットのラインアップがある車をまとめてみることにした。
ゴムのフロアマットがあるからという理由でその車を選択する事は全く無いと思うが参考程度に読んでいただけると幸いである(笑)。
第1弾としてトヨタの調査結果を報告したい。

広告

トヨタが用意するゴムのフロアマット

トヨタのゴムのフロアマットはスノー・レジャー用フロアマットと銘打たれ縁高の非常に実用的なモノだ。
降雪地帯での使用を前提に企画されたモノのようだ。
当たり前だが車種別にキチンとフロアに沿った形状となっており純正だけにフロアマットの固定も抜かりはない。
使用する側も純正品なので安心感が大きなモノだ。

ゴム製のフロアマットの場合はその匂いも性能の一部だ、安物だと匂いがきつく実質使用できない。
トヨタの場合はトラック等の車種によってはこのタイプではないゴムのフロアマットが用意される場合もある。
トヨタ純正ゴムマット

 

広告

トヨタの車種に対するゴムのフロアマットの設定状況

輸入車のようにデザインは凝ったモノではないがほとんどの車にフロントの運転席と助手席のゴムのフロアマットの設定がある。
個人的に惜しいと感じるのは後席分のゴムのフロアマットの設定が無い事だがココはどういった考え方なのかが気になる。
ミニバン系の1部の車種には2列目にもゴムのフロアマットが設定されていて非常に実用的だ。
これから考えられる事として、基本はジュウタンタイプのフロアマットを想定している。
その上でゴムのフロアマットは雪が降る時期や雨の多い時期にジュウタンタイプの代わりに使用してほしい、という印象を持った。

広告

気になるトヨタのゴムのフロアマット装備率は98.5%

なんと驚くなかれ65車中64車種にゴムのフロアマットの設定があった。
トヨタ車のゴムのフロアマットの装備率は98.5%にも達する。

その中にはセンチュリーやクラウンマジェスタのような高級車も含まれるのだ。
また軽自動車やトラックまで含まれている。
これはなんともトヨタの凄い所だ。
ゴムのフロアマットに対してのトヨタのポリシーがハッキリとこの装備率に表れている。

トヨタの車を買ってくれた人にはゴムのフロアマットを必ず提供しなければならない、という義務感がヒシヒシと伝わってくるではないか。
ちなみにゴムのフロアマットが装備されていない車種はミライのみとなっている。

調査年月日:2015年7月7日
調査方法:トヨタの車種別アクセサリーWebにて

広告

純正以外でカッコの良いゴムのフロアマット

ここまで紹介したのは自動車めーかーが用意する純正アクセサリーのゴムのフロアマットだ。
純正品以外でも車にフィットし見た目もかなり良いモノもある。
管理人TomTomが純正品以外でお勧めするのはクラッツィオAmazon)というブランドのラバーマットだ。
3Dの銘打たれているだけに車種別に用意されフロア形状にピッタリのフロアマットとなっている。もちろん形状は縁の高いトレー形状となっている。
純正アクセサリーのゴムのフロアマットのデザインが気に食わないならこういった商品もチェックしてみてはいかがだろう。

 

今回はこのへんで
では

広告

関連カテゴリー

関連するカテゴリーはこちら、是非チェックしてみて下さい。

おすすめコンテンツ

気に入っていただけたら是非シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket