トヨタのプリウスアルファは世界初、1灯切替式LEDヘッドライト

    2015/05/24

トヨタのプリウスαは2014年11月17日にマイナーチェンジした。

広告

プリウスαのマイナーチェンジのキモ

新しくなったプリウスα、こんな色は想像しなかった

新しくなったプリウスα、こんな色は想像しなかった

今回のマイナーチェンジでは内外装のリフレッシュはもとより、安全性に関わる部分も大きく進化した。
レーンデパーチャーアラート、オートマチックハイビーム、ブリクラッシュブレーキアシスト、レーダークルーズコントロール、そしてバイ(BI)ビームLEDヘッドランプである。
このバイビームLEDヘッドランプは世界初の技術ということだ。一つの光源でハイビームとロービームを切り替える仕組みになっている。今までのLEDヘッドライトはハイビームとロービームは別々の光源となっており、そもそもライトの筐体か分かれているのが普通だ。

LEDを利用したヘッドライトはまだまだ進化の余地がある。光源を細かく分けることにより対向車を眩惑させない制御技術だとか、より細かく機能を持たすことができるのだ。ただ今回は1つの光源でハイローの切替がLEDヘッドライトで世界初なのだが、軽量コンパクトだとかコストが安いとかのメリットがあるのだろう。
少しユーザーにとって何がメリットなのかという部分が弱いと思う。

今回はこのへんで

では

広告

関連カテゴリー

関連するカテゴリーはこちら、是非チェックしてみて下さい。

おすすめコンテンツ

気に入っていただけたら是非シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
*が付いている欄は必須項目です。

内容に問題なければ、下記の「OK!」ボタンを押してください。