自動ブレーキ付きの車で行けないところ、事前にOffにするのがベストだが

    2019/06/12

日本国内の新車では俗に言う自動ブレーキが標準またはそれほど高価ではないオプションで選択できるようになった。
これは非常に良い事だと思う。過去に管理人も信号待ちで前車にコツンと軽くぶつかった事があるがコレを回避できるのだ。
しかしこの機能はある状況の時におせっかいなことも事実なのだ。

スバルのアイサイトでのプリクラッシュ機能をOffにする際の注意書き
↑ スバルのアイサイトでのプリクラッシュ機能をOffにする際の注意書き、スバルは今回のような状況をあらかじめ想定しているのだろうか、聞いてみたい気がする、画像はメーカーサイトより拝借

広告

自動ブレーキは大変有用だと思う

管理人TomTomも前述したように信号待ちの停車の際に前車にコツンと軽く追突した事がある。
この時は長距離を走行中で疲れて意識がもうろうとしていたのを思い出す。
本当に止まる寸前だったので速度は微速で人的な被害を与える事も無かったし前車にも自車にも被害は無かったのが幸いだった。
まさにこういう事が防止できるのは非常にありがたいし安全性が向上するのは明白だ。

しかし自動ブレーキが付いているがために(または機能しているために)自動車で行けない場所もあるらしいのだ。

自動ブレーキ付きの自動車で行けないところとは?

一番に思い浮かぶのがファッションホテルの入り口にあるヒラヒラとした暖簾状の目隠しだ。
どうもファッションホテルに入る際にコレがあると自動ブレーキが動作して停止してしまうようなのだ。
管理人TomTomはこれは試したことが無いので実際にどうなるのかは分からないが、ユーザーにとっては由々しき事態であるのは間違いない。

その他には踏切内に閉じ込められた際に出れないとかという事もあるらしいが真偽のほどは定かではない。
4WDが好きな人は草の生い茂った林道などでのヤブこきも自動ブレーキが働いてしまう事があるかもしれない。

そこで自動ブレーキは任意でOn/Offできればこういった事態に遭遇しても回避する事が出来る可能性がある。
各自動車メーカーのWebサイトで調べてみた。

広告

自動ブレーキは任意でOn/Offできるのか?

この件について各自動車メーカーのWebサイトを見て回った。
するとハッキリとOffにできますと書いてある自動車メーカーはほんの一握りなのだ。

ハッキリとOffにできますと書いてない自動車メーカーもWebサイトには書いていないだけかもしれない。
自動ブレーキをOn/Offできるという事実自体がユーザーにとってややこしく誤解される場合もあるので記述していないのかもしれない。
また管理人TomTomが見落としているだけかもしれないのはご容赦いただきたい。

一つの例としてスバルなんかはハッキリと大きく書いてある。

じゃ、どうすりゃいいのさ?

自動ブレーキが働きそうな場所を走る前にOffにしておくことがベストだと思う。

では自動ブレーキが働いてしまい動かなくなったときはどうすれば良いのだろう。
そうした事はあまり書いてないので想像するしかない。

スバルの取説によると障害物を認識して自動ブレーキを働かせる際にはまず1次ブレーキをかける。その後の回避行動が無い場合は2次ブレーキを掛けるようになっている。
2次ブレーキで停止後はブレーキ/アクセル/Pポジションのいずれかの操作があった場合は自動ブレーキは解除されるという事だ。
慌てなくても良さそうだがドライバーが意図しないタイミングで自動ブレーキが働くとビックリしてしまう事だろう。

広告

自動ブレーキのOn/Offの機能は決まりが無いのかしら

今回は調査が少々不十分だが、もし自動車メーカーや車種により自動ブレーキがOn/Offできることにバラつきがあるのだろうか。
日本国内での自動ブレーキの認可の条件に任意でOn/Offできる事という条件は必須ではないのだろうか。
ちょっと気になるところだ。
もう少し調べてみたいと思う。

今回はこのへんで
では

広告

関連カテゴリー

関連するカテゴリーはこちら、是非チェックしてみて下さい。

おすすめコンテンツ

気に入っていただけたら是非シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメント一覧

  1. 暇な人 より:

    じゃあどうすればいいかって?
    ホテルに入らなきゃいいんだよ
    自動ブレーキってのは、そのためにあるんだよ?
    つまり、辞めとけってことだ

    • TomTom より:

      暇な人 さま
      管理人TomTomです。
      しょうもないコメントありがとうございます。
      自動ブレーキが付いていたってどこへ行こうと自由でしょう。
      今後二度と書き込まないでください。
      いつも感心するのは、こういう人はこうしたしょうもないコメントのために時間を使うんだなぁということです。