レクサス「IS F」の「Dynamic Sport Tuning」というグレード

    2015/05/26

Webを見ていると時々知らない車やグレードを発見することがある。

広告

レクサス「IS F」の「Dynamic Sport Tuning」グレード

今回もその1つだが特別仕様車という「Dynamic Sport Tuning」グレードのようだ、つまり数の上の限定は無い。
個人的にレクサスのレクサス「IS F」は非常に気になる車だ。適度な大きさで外観はあまり仰々しくなく端正なセダンという印象。
ベースとなるISが古くはアルテッツアをベースとしているというのも親近感を持ってしまう理由なのかもしれない。

 

レクサス「IS F」のおさらい

ベースとなる「IS F」はトヨタがかなり力を入れて作り上げたセダン型のスポーツカーだ。
まずはレクサス「IS F」のスペックを見てみよう。

サイズ:4,660mm×1,815mm×1,415mm
ホイールベース:2,730mm
車両重量:1,690kg
エンジン:V型8気筒DOHC 4.968cc 直噴NA
最高出力:423ps/6,600rpm
最大トルク:51.5kgfm/5,200rpm
ミッション:8速AT
サスペンション:前ダブルウィッシュボーン/後マルチリンク
ブレーキ:前ドリルドベンチレーテッド対向6ポットキャリパー/後前ドリルドベンチレーテッド対向2ポットキャリパー
タイヤホイール:前225/40R19、後255/35R19
燃費:8.1km/L(JC08)

簡単にスペックを眺めただけでもかなりのスポーツ度が伝わってくる。
まずエンジンだが排気量が5LもあるV8で400psオーバーとうことになればライバルはいわずもがなBMWのM3となる。
このレクサス「IS F」の立ち位置としてはそれを凌駕しようという車なのである。
それだけにレクサス「IS F」は世間の評価も非常に高い。個人的には乗ってみたい車リストに入れている。

広告

レクサス「IS F」をチューニングした「Dynamic Sport Tuning」

そんなレクサス「IS F」に対して特別の装備とチューニングを施したのが「Dynamic Sport Tuning」という訳だ。
スペック的には後トレッドが10mm広がり、最高出力が7psアップの430psとなり、価格が240万円高くなって1050万となっている。
さて1台そこそこの車が買えてしまいそうな差額の240万円には何が含まれるのだろうか。

「Dynamic Sport Tuning」特別装備内容

  • エンジンはダイナミックバランスを取ったスペシャル
  • ボディーの開口部を中心に接着技術において補強捩り剛性10%アップ
  • ブレンボキャリパー前後
  • カーボンフロントスポイラー
  • カーボンデフューザー
  • チタンマフラー
  • 専用エンジンカバー
  • 専用室内カーボンパネル

ベースとなるレクサス「IS F」においてもかなりの水準の装備をしているが、それに加えてボディーとエンジンを中心に手を入れている。
この2つは後でチューニングしようとしても特にお金のかかる部分だし、ましてやこういった高級車ではユーザー側にも後でここまで手を入れるという感覚は全く無いだろう。
逆に後で手を入れるをいう考えがない以上、買った状態で評価されてしまうという高級車ならではの事情もある。
簡単に言うとトヨタ車のG’Sにあたる存在だ。

レクサス「IS F」の「Dynamic Sport Tuning」の画像を見る

さっそく画像を見てみよう。外観もかなり手が入っているのが分かる。

ISF_DST01
↑ レクサス「IS F」の特別仕様車「Dynamic Sport Tuning」のフロント画像、外観は通常の「IS F」とそれほど変わらない、これだけのオーバーフェンダーを装備しながらも全幅が1815mmに収まっている貴重な車だ、フォグランプの下にカーボン製のフロントスポイラーが付く、画像はネット上から拝借

ISF_DST02
↑ レクサス「IS F」の特別仕様車「Dynamic Sport Tuning」のフロントフェンダー画像、フェンダー自体はノーマルモデルと同一、キャリパーがブレンボとなり対向6ポッドは同じ、しかしこの角度から見るとフェンダーの穴あきがなかなか迫力だ、バンパー前にカーボン製のリップスポイラーが付いているのがチラっと見える、画像はネット上から拝借

ISF_DST03
↑ レクサス「IS F」の特別仕様車「Dynamic Sport Tuning」のリアデフューザー画像、これは効きそうなデフューザーだ、面積と深さはかなりのもの、カーボン製なので非常に迫力がある、マフラーはノーマルに比較してチタン製となっている、チタン製のため軽量になっていると思われるが他の装備品との相殺だろう、本物感が漂っている、画像はネット上から拝借

ISF_DST04
↑ レクサス「IS F」の特別仕様車「Dynamic Sport Tuning」のエンジン画像、エンジンも外観からは違いは無い、各部を良く見ないとノーマルとの違いが判らない、チューニング内容や特別装備内容を主張しすぎる車が多い中なかなか渋い玄人好みのチューニングだと思う、画像はネット上から拝借

ISF_DST05
↑ レクサス「IS F」の特別仕様車「Dynamic Sport Tuning」のセンターコンソール画像、カーボンのパネルが奢られる室内、専用のネームプレートが装備される、少し古臭い感じもするが非常に高性能な車の割にはシンプル、画像はネット上から拝借

広告

メーカーファクトリチューンは貴重だ

こうしたファクトリーチューニングの特別仕様車を本格的に出しているのは現在のところトヨタと日産だけなのではないだろうか。
後のメーカーは単発だし内容もそれほどのモノではない。やはり余力が無いとできないだろう。
トヨタの場合はG’sというネーミングでブランド化を確立しているが、レクサスの場合はまだ実験段階なのだろう。
この特別仕様車がBMWでいうMのようなブランディングを確立するような動きに繋がっていくと思う。
まだまだこういったスポーツ系のブランディングとしては現在BMWのMに大きな差を付けられているのは間違いない。
今後に期待というところだ。

今回はこのへんで
では

広告

関連カテゴリー

関連するカテゴリーはこちら、是非チェックしてみて下さい。

おすすめコンテンツ

気に入っていただけたら是非シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
*が付いている欄は必須項目です。

内容に問題なければ、下記の「OK!」ボタンを押してください。