レクサスCT200hのスピーカーは世界初!天然竹を素材にしてる

    2015/05/25

つい先ごろマイナーチェンジしスピンドルグリルを採用したCT200hを紹介した。
mark_levinson

 

広告

CT200hマイナーチェンジの面白いモノ

実はCT200hの装備内容に大変面白いのモノがある。
それは純正装備されるオプションのプレミアムサウンドシステムだ。そのスピーカーは天然の竹から抽出した植物由来オパールを用いた竹炭プラントオパール樹脂振動板を採用とのことだ。
竹炭プラントオパール樹脂振動板というのは軽量で剛性も高く竹を含有することで音質向上が図れるらしい。

CR200hは何と竹素材のスピーカーを装備する

時々竹はビックリするようなモノに使われることがありビックリさせられる。一例としては、なんと自転車のフレームにも使われているのだ(オーダー制で高価な自転車でアフリカで作られている)。
自動車メーカーは本来の機構や車の制御、そして装備品もこうして開発や採用をしていかないといけないので、ありとあらゆる技術に精通している必要がある。
大変な仕事だがユーザーにとってはこういった部分も選択の際の理由付けになる場合もあるので手を抜けない部分だ。

今回はこのへんで
では

広告

関連カテゴリー

関連するカテゴリーはこちら、是非チェックしてみて下さい。

おすすめコンテンツ

気に入っていただけたら是非シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
*が付いている欄は必須項目です。

内容に問題なければ、下記の「OK!」ボタンを押してください。