G-BOOKあらためT-Connect、トヨタの車内IT戦略

    2015/06/15

トヨタは現行のG-BOOKからより進んだ形のT-Connectへと変更する。 車の中のITはここのところ動きが激しく、GoogleやAppleやMicrosoftを巻き込んでの動きがあった。これは主にマンマシンIFの部分のお話だった。
20140618-163502-59702313.jpg

広告

ナビの中にアプリが入るところがミソ

しかし今回は自動車メーカーのトヨタが自ら乗り出す仕組みで内包する機能も要所を押さえたモノになっている。
新しいなぁと感じたのはアプリを提供する方式となっていることで将来のサービス拡充時にも対応可能。またコールセンターを組み合わせたサービスは従来通りとなっている。それにロボット応答を組み合わせているようだ。もちろんマンマシンIFは音声での操作が可能となっているようだ。加えて外部からはスマートデバイスによるコントロールが効くようでもある。

今までの提携はどうなのだ?

となると今までの提携のお話はあって無いような事になる。
やはり予想通り自動車メーカーが車内のコントロールセンターを押さえないと意味が無いのだ。
今のところ従来のナビやテレマチックサービスの延長のように見えるが、その後ろに隠れているサービスはどのようなものがあるのだろう気になるところだ。

今回はこのへんで
では

広告

関連カテゴリー

関連するカテゴリーはこちら、是非チェックしてみて下さい。

おすすめコンテンツ

気に入っていただけたら是非シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
*が付いている欄は必須項目です。

内容に問題なければ、下記の「OK!」ボタンを押してください。