カローラが売れている、5月の販売実績から

    2015/06/26

2015年5月の自動車販売実績が発表になっていてこれを見ていて感じたこと。

広告

2015年5月の大まかな傾向

普通車の10位までの順位はアクア、カローラ、プリウス、フィット、エスクァイア、ノート、デミオ、ステップワゴン、ヴェゼル、ヴィッツとなっている。
アクアは定位置だがその次になんとカローラが2位に入っている。これは軽自動車も含めた総合でも4位となっていて4月の実績では総合12位だったので8位も順位を上げたことになる。

広告

噛めば噛むほど味が出る!?

新型カローラは2015年4月1日から発売されているので立ち上がりの4月よりも5月が上向きになっているのが興味深い、ジワジワ評価されてきているという事だろうか。
カローラの性格として噛めば噛むほど味が出るという事はあるだろうが面白い現象だ。

広告

新型カローラが売れている理由

特にワゴンのフィールダーはグレード間の価格設定が絶妙で、ガソリンエンジンの上位グレードがハイブリッドの下位グレードとオーバーラップしている。ここはハイブリッドへユーザーを誘導するのに非常に有効な手法だろうと思う。
安全装備についてはカローラフィールダーの場合、トヨタセーフティーセンスCの装備された1.5Lモデルが1,922,400円からラインアップされているのが強みだ。それにトヨタセーフティーセンスCの性能はなかなか素晴らしいのだ。
ちなみにこのガソリンモデルの燃費は23.0km/Lである。
カローラフィールダーのハイブリッドGグレード
↑ カローラフィールダーのハイブリッドGグレード、ハイブリッドでは価格はフィールダーのほうがシャトルよりも少し高い設定となっている、見てくれはフィールダーのほうがスマートでワゴンらしい外見だ、画像はメーカーサイトより拝借

広告

カローラフィールダーの直接のライバルはシャトル

ライバル同士でハイブリッド+自動ブレーキ付きのグレードで価格を比較してみると次のようになる。

  • カローラフィールダー「HYBRID G」2,298,437円(33.8km/L)
  • シャトル「HYBRID X」2,190,000円(29.6km/L)

これだけ見ると燃費はカローラフィールダーだが、価格はシャトルのほうが安い。ワゴンということで荷台の容量と使い易さもシャトルのほうがかなり上手だ。
この2台は非常に好ライバルだ。方向性はかなり異なるが現在のところ5ナンバーワゴンとしては2択だろう。来月の販売実績ではもっと拮抗したものになるだろう。

シャトルのハイブリッドXグレード
↑ シャトルのハイブリッドXグレード、この下に素のハイブリッドグレードがあり199万円これにあんしんパッケージをメーカーオプションで足すという事を行うと205万円くらいなのでフィールダーとの差が実質大きくなる、圧倒的にシャトルのほうが安い、これを武器にシャトルも販売を伸ばしてくるだろう、画像はメーカーサイトより拝借

今回はこのへんで
では

広告

関連カテゴリー

関連するカテゴリーはこちら、是非チェックしてみて下さい。

おすすめコンテンツ

気に入っていただけたら是非シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket