CATEGORY

ライン取りの方法

車を走らせるためにどうライン取りをしたら良いかという事を集めました。特にスポーツドライビングでは繊細なライン取りが求められます。これは公道上でもサーキットでも非常に重要な要素です。ご参考にどうぞ。

  • 2017/09/10

山岳路で車線を守れない=下手くそドライバー という判断

山岳路を走っていると様々な車に出会う 対向車は一瞬の関わりしかないが、先行車に追いついてしまった時はしばらくお付き合いすることになる。 そんな時、先行車の走行ラインを後ろから見ているとたいへん興味深い。 後ろから見ていると先行車のライン取りによってドライバーのスキルも分かってしまうのだった。 そんな事を書いてみた。 管理人の若い頃の車線に関わる体験 管理人TomTomは免許取りたての頃から山岳路が […]

  • 2015/11/09

EK9メンテナンス:サーキット走行サポート:中速コーナーのライン取り編

友人のEK9をサポートしてサーキット通いして何回になっただろうか? 数えてみると今回で7回目になる。 最初はヒールアンドトーも満足に出来ていなかったオッサンが一通り走れるようになってきたのはうれしい事だ。 レベルも上がってきた事なので今回は3速で進入する中速コーナーのライン取りを中心に見てみようと思う。 中速コーナーは怖い 2速のコーナーでは速度域が低くせいぜい100km/hまでだが3速となると確 […]

  • 2015/10/09
  • 2018/09/09

山深い場所で困らないために山岳路の安全な走り方、ポイントは対向車と動物

管理人は車で出かけるツーリングが大好きだ。 イメージとしては旅先の食べ物とかを味わうのとその過程の走りを楽しむのと半々くらいだと思う。 長年様々な形で車でのツーリングを楽しんできたが、走るのは山の中が圧倒的に多い。 何故かと言うと高速道路を走るのが極端に嫌いなのだ。 そういった険しい山岳路を安全に走るにはどうしたら良いか?という事をまとめてみた。 読者の皆さんの参考になると大変うれしい。 ↑ NC […]

  • 2015/06/17
  • 2015/07/01

基本に戻ってタイヤの摩擦円を再度見直してみよう、オッサン的感覚

管理人TomTomの若かりし頃、ラリーという車を使う競技にハマっていた時期がある。 体験から分かったタイヤの使い方 ラリーという競技は日本の場合、コースは基本的にシークレットで事前に知らされない。つまり飛行機で言う有視界飛行のような形で一般道を走るのと変わらない。よくWRCで見るようなペースノートを読み上げながら走るわけでは無い。地元の人であれば概ねコースが予測できるかもしれないが、そうで無い場合 […]

  • 2015/05/09
  • 2018/12/09

EK9メンテナンス:サーキット走行サポート:車両トラブル発生編

今回は間をあまり空けずにセントラルサーキットへ出かけてきた。 間を1ヶ月空けるとオッサンの体は前回の感触を忘れてしまい思い出すのにしばらく時間が掛かる。時間と費用が許すならばなるべく間を詰めて通うのがベストではある。 今回の課題は前回に引き続きブレーキリリースと各コーナーの攻略を行う事だ。これ以外に車両のマイナートラブルがいくつか発生したので現地で対応した事を書いてみたい。 課題は山積だが慣れも必 […]

  • 2015/03/14
  • 2021/03/10

EK9メンテナンス:サーキット走行サポート:ダメ出し編

突然だったが昨日セントラルサーキットへ行ってきた。 いつものように友人のEK9乗りのオッサンをサポートするためだ。 ↑ いつも通りの友人のEK9、今回は車検を通したばかり、前回の課題のマフラーは修正済み、この直前に受けた車検の際にフロント右ハブベアリングがNGだったので交換している、またクラッチの油圧系統がNGでクラッチオイルシリンダーも交換となった、タイヤは現在4部山程度、制動屋のブレーキパッド […]