フォード新型フォーカスが日本でも発売開始、売り方にもう少し工夫が欲しいところ

 

ヨーロッパでは非常に評判の良いフォードのCセグメント世界戦略車の新型フォーカスが日本でも発売になった。
今回の新型フォーカスの内容はビッグマイナーチェンジという所だが外観がかなり変わっており実質フルモデルチェンジだ。
新型フォーカスのリア画像

広告

新型フォーカスの最大のセールスポイントはダウンサイジングターボエンジン

新型フォーカスは従来の2.0LNAエンジンから1.5Lターボエンジンにエンジンが変更になっている。
排気量は小さくなったが最大出力は170PSより180PSに、最大トルクも202Nmから240Nmへそれぞれ増強されている。
ミッションは6ATにパドルシフトが採用されたことが大きい。
燃費は14.3km/LとゴルフのTSIハイライン(1.4Lターボ/140PS)と比較すると少々見劣りがする。
新型フォーカスの1.5Lエコブーストエンジン
新型フォーカスのパドルシフト
↑ 新型フォーカスの1.5Lエコブーストエンジンとパドルシフト、1.5Lターボエンジンはパワーは十分だが燃費が物足りない、パドルシフトが付いたのは朗報だ、これで走りはどうなのだろう、画像はメーカーサイトより拝借 

広告

新型フォーカスのグレードは2種類

新型フォーカスのグレードは2種あり、「Sport EcoBoost」と「Sport+ EcoBoost」のように分かりにくいネーミングになっている。もちろん+が付く方が豪華装備で主に安全装備とシートが異なる。
価格は「Sport EcoBoost」が309万円、「Sport+ EcoBoost」が349万円の設定となっている。
新型フォーカスのインパネ
新型フォーカスのオーディオ
↑ 新型フォーカスのインパネ画像、相変わらず少しゴチャゴチャしたインパネだ、ステアリングホイールのデザインも古臭い感じがする、慣れればドライバーにとって囲まれ感のあるデザインかもしれない、オーディオはソニー製の何とシンプルなデザインのモノが付く、画像はメーカーサイトより拝借

広告

新型フォーカスのWebサイトは見にくい

いつも言っている事だが日本のフォードはマーケティングがへたくそだ。
Webサイトを見てみたが非常に見にくいサイトになっていて情報を得ようにもどこに書いてあるのか分かりずらい。要改善だと思う。

UKの新型フォーカスはグレード(トリムレベル)が10種あるが日本では2種類のみとなる。また車体色はUKでは10種、日本では実質4種類で渋い色ばかりだ。もっと明るい外装色が欲しいところだ。
新型フォーカスのカラーバリエーション、この他にブラックがある
↑ 新型フォーカスのカラーバリエーション、この他にブラックがある、画像はメーカーサイトより拝借

広告

気になるフォーカスRSの動向

新型フォーカスが日本にも導入されて大いに気になるのがフォーカスRSが導入されるかどうかだ。
新型のフォーカスRSならゴルフGTIに十分対抗できるモデルとなると思うのだがどうだろう。
フォード「フォーカスST」(2015)黄色とグレー車両の画像

今回はこのへんで
では

広告

関連カテゴリー

関連するカテゴリーはこちら、是非チェックしてみて下さい。

おすすめコンテンツ

気に入っていただけたら是非シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
*が付いている欄は必須項目です。

内容に問題なければ、下記の「OK!」ボタンを押してください。