トヨタのダウンサイジングターボは1.2L、最初はオーリスに搭載

    2015/06/20

トヨタはここのところハイブリッドばかりに注力してダウンサイジングやディーゼルについては後手に回っていた。

広告

1.2Lターボはオーリスでデビュー

2015年2月にマイナーチェンジするオーリスからダウンサイジングターボ1.2Lが投入される、これでトヨタも本格的にダウンサイジングが進む

2015年2月にマイナーチェンジするオーリスからダウンサイジングターボ1.2Lが投入される、これでトヨタも本格的にダウンサイジングが進む

そこで兼ねてから開発中の1.2Lダウンサイジングターボエンジンをオーリスのマイナーチェンジ時に投入するらしい。時期は2015年2月を予定している。
トヨタのダウンサイジングターボエンジンは既にレクサスNx200tで2.0Lのターボを出しているが、それ以来のターボ投入となる。

ヨーロッパではゴルフと真っ向勝負

今回は1.2Lターボとなりゴルフなんかと真っ向勝負という感じだ。 さすがにゴルフほどの存在感は無いがグローバルコンパクトカーとしての役割を果たすことになる。果たして1.2Lターボの出来がどのようになるか、その出来次第で評価が決まってしまうだろう。2月が楽しみだ。

今回はこのへんで
では

広告

関連カテゴリー

関連するカテゴリーはこちら、是非チェックしてみて下さい。

おすすめコンテンツ

気に入っていただけたら是非シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
*が付いている欄は必須項目です。

内容に問題なければ、下記の「OK!」ボタンを押してください。