普通のヤリスに乗ってみた 実はリアがダブルウィッシュボーンの4WDに乗りたかった

 

管理人はここのところヤリスに注目である。
この前はGRヤリスを見てきたが今回は普通のヤリスも見てきた。
注目なのは普通のヤリスの4WDなのだ。
だが普通のヤリスの4WDを展示車や試乗車として用意しているディーラーは少ないのだった。
そんなことを書いてみた。

広告

普通のヤリスの4WDに乗りたかった

管理人は以前からヤリスに注目している点がある。
それはヤリスの4WDモデルのリアサスペンションがダブルウィッシュボーンとなっている点だ。
これはGRヤリスもリアサスペンションがダブルウィッシュボーン形式となっている。
こうした理由からヤリスには一度乗ってみたいとかねがね思っていた。

ところが残念ながら管理人の住んでいる地域の近所には普通のヤリスの4WDに試乗車なんて存在しない。
そりゃ積雪地帯でもないとヤリスの4WDモデルなんて売れないだろうから当たり前のことなのだろう。

新型ヤリスに関する情報はすでに多くのメディアが取り上げているので詳細はここでは書かない。

普通のヤリスの外観はかなりアグレッシブな感じ

普通のヤリスの外観はかなりアグレッシブだ。
普通のコンパクトカーなのにリアフェンダーのボリュームが目立つ印象なのだ。
実際にオーバーフェンダーのようにすごく出っ張っている訳ではない、キャラクターラインでそういう風に見せているというのが正解だろう。

普通のコンパクトカーなのに、見るからに後席は狭そうなことが見て取れる。
実際に後席にも座ってみたが狭い、ドライバーシートで自分でポジションを出し後席に座ってみるとなんとか座れるというのが正直なところだった。
後席をここまで犠牲にしながらもトヨタが狙ったのは走行性能だということで早速試乗してその真意を確かめてみた。

トヨタヤリスのフロント
toyota.jp

広告

走り出すと1クラス上のクルマのようだ

試乗したクルマは普通のヤリスの1.5Lガソリン車のZグレードだった。
この普通のヤリスに乗ってみて最初にビックリしたのは、かなりスムーズなボディーの動きをするなということだった。
加速しても減速してもボディーはそれほど動かない、ピッチングはよく抑えられておりスムーズだ。
それが影響してか、クルマ全体がスムーズでコンパクトカーに乗っているという感覚ではなかった。

ロールは一般道をおとなしく乗ったくらいでは全く分からなかったが、足の柔らかさから想像するにかなりロールするのではないだろうか。

アクセルを踏んで加速するとエンジンは3気筒らしい振動と共に回るが非力でもないしパワフルでもない。
CVTは比較的むにゅーとした感覚はかなり取り除かれているが、やはりCVTだなぁと感じた。

ただ足回りは非常に柔らかくって決してスポーティな感覚ではなかった。
よくメディアを見ているとヤリスの挙動がスポーティだと書いてあるが決してそうは感じなかった。
締まった足が好みの嫁さんは助手席だったが、フニャフニャした足がお気に召さなかったようだ。
ただ足がよく動き、すごくフラットで、快適スムーズなのが印象的だ。

こういうわけで普通のヤリスの4WDモデルには乗れなかったが、FF車はかなりよく出来ていると感じた。
ただ足回りは柔らかい、決してスポーティーではない。

管理人的注目は通好みのGRヤリスRSだ

リアのサスペンションがダブルウィッシュボーンというのは普通のヤリスの4WDモデルだが、実はGRヤリスもそうだ。
しかもFFのRSグレードもリアのサスペンションがダブルウィッシュボーンとなっているのが個人的には注目である。

GRヤリスのRZグレードは先日ゆっくりと見学してきた
GRヤリスのRZグレードはターボ、4WD、3ドアボディという特徴的なWRCカーのベース車である。

一方、GRヤリスのRSというグレードは3気筒1.5LのFFでCVTというパワートレーンを持つ。
RSグレードはなんちゃってGRヤリスとなっているのだが、なんちゃってでもリアサスペンションはダブルウィッシュボーンである。
ここがトヨタの凄いところで、普通のFFマシンだが普通のヤリスとは一味違う。

個人的にはGRヤリスのRSグレードは通好みのクルマだと思うが外観は派手すぎだろう。
18インチのタイヤホイールを履いているし(完全にオーバースペックだ)、ボディーメークもGRヤリスそのものだ。
この外観ならパッと見GRヤリスの4WDハイパワー版と区別が付かない。
でも走ってみると遅い…、なんてことになるのが悲しい。

それならいっそのこと、普通のヤリスに近い外観のほうが良かったのではないだろうか。
ボディーはGRヤリスを使用するために、こうするしかなかったのだろう。
エンジン出力を考えればボディーが大きく重い。
ここはちょっと残念だ。

あとはGRヤリスRSグレードの価格だろうか、250万円くらいでおさまっているのであれば非常にお買い得感が高いと思う。
いずれにしても素材としてのヤリスはしっかりしたクルマだと思った。
そのうちにヤリスの4WD車(リアがダブルウィッシュボーン形式)には試乗したいものだ。

今回はこのへんで
では

広告

関連カテゴリー

関連するカテゴリーはこちら、是非チェックしてみて下さい。

おすすめコンテンツ

気に入っていただけたら是非シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket