トライデントいう自動車メーカーとそのモデル

    2015/06/15

世界にはまだまだ知らないことが多い。
トランデントというメーカーがイギリスに存在するようだ。

広告

トライデントと言うUKのメーカー

イギリスには日本に入ってきていないメーカーがあって面白い車を作っている。例えばヴォクスホールなんかもそうだ。今回のトライデントもその一つだ。
このトライデントはなかなか面白い車を作っている。「Iceni」というモデルで一見、普通のオープン2シーターでイギリスらしいスポーツカーだと感じた。
しかし内容を見てみるとなんとエンジンは大排気量のターボディーゼルなのだ。

トライデント「Iceni」のスペック

さっそく「Iceni」のスペックを確認してみよう。

「Iceni」スペック

エンジン: 6.6L V8ターボディーゼル
最高出力:395bhp、700lbs(96.8kgm!)
ミッション: 6速AT
ブレーキ: 前Alcon400mmベンチレーティドディスクAlcon6ポッドキャリパー、後380mmベンチレーティドディスクAlcon6ポッドキャリパー
サスペンション:ProFlex damper、Eibach springs
0-60mph(96km/h)加速:3.7秒
最高速度:190mph(305km/h!)

オプション

・Track Performance Pack
・Premium Upgrade Pack
・Performance Upgrade Pack
・Luxury Upgrade Pack

Iceni_1
↑ トライデントの「Iceni」のサイド画像、ややリアのボリュームが大きいがロングノーズの典型的なFRスポーツカーのシルエットだ、なかなかバランスの取れたシルエットをしている、画像はメーカーサイトより拝借

Iceni_2
↑ トライデントの「Iceni」の後方上部からの画像、一言で言えばTバールーフなのだが大昔のロードスターの雰囲気を出している、トノカバーなんて装着できたら面白い、画像はメーカーサイトより拝借

Iceni_3
↑ トライデントの「Iceni」のフロント画像、フロントはやや平凡な感じがする、ボンネット上に装飾が多くゴチャゴチャした感じ、バンパーは無く小さな開口部がある、この開口部で冷却が間に合うのだろうか、ホイールも平凡なデザインな印象もう少し工夫が必要だ、しかしこのホイールよく見ると秘密が、画像はメーカーサイトより拝借

Iceni_4
↑ トライデントの「Iceni」のシート画像、シートが内装に埋め込まれているようだ、シート自体はなかなか凝ったステッチが施されていい感じだ、発色も良い、画像はメーカーサイトより拝借

Iceni_5
↑ トライデントの「Iceni」のサイド画像その2、反対側から色違いを見た画像、リアフェンダーのボリュームからドアミラーで後が確認しにくいだろうと想像できる、もう少し車高が低くても良いのではないだろか、ドアとボディーの隙間が非常に小さく目立たない、画像はメーカーサイトより拝借

Iceni_6
↑ トライデントの「Iceni」のホイール画像、遠目には単純なスポークホイールだと思っていたが非常に凝った作りのホイール、ディスク部を小さく見せるようになっていてキャリパーがリム部にめり込んでいるように見える、リム部とキャリパーの位置関係に注意、またそのせいでディスクがホイール一杯に広がって見える効果がある、なんとも凄いホイールだ初めて見た、画像はメーカーサイトより拝借

広告

車に関してUKは奥深いのだ

世の中にはまだまだ見知らぬ自動車メーカーも沢山ある。
特にイギリスは車に関しては奥が深い。一昔前はバックヤードビルダーということでそれこそ小さなメーカーが山ほど存在したが今では残っていない、私の好きなTVRも消滅してしまった。
今回紹介したトライデントは新しいメーカーのようだがこうした新しいメーカーが出てきて個性あふれるスポーツカーを供給することは大変夢のあることだと思う。
今後を見守りたいと思う。

今回はこのへんで
では

広告

関連カテゴリー

関連するカテゴリーはこちら、是非チェックしてみて下さい。

おすすめコンテンツ

気に入っていただけたら是非シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事

  • 記事はありませんでした。これから充実させていきますのでお楽しみに!

コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
*が付いている欄は必須項目です。

内容に問題なければ、下記の「OK!」ボタンを押してください。