ホンダ新型フィットシャトルは本当にお待たせ、2015年の春先にモデルチェンジ予定

    2015/06/20

本来はもっと早くにモデルチェンジしなければならないフィットシャトルであったが、フィット系ハイブリッドのリコール問題に引きずられてモデルチェンジが遅れていた。

広告

シャトルの憶測乱れ飛ぶ

現行フィットシャトルハイブリッド、モデルチェンジが遅れていた、画像はメーカーサイトより拝借

↑ 現行フィットシャトルハイブリッド、モデルチェンジが遅れていた、画像はメーカーサイトより拝借

そのリコールの反動からか次期フィットシャトルに採用されるパワートレインには様々な噂がある。
もうあんなリコールはコリゴリだと今後のモデルにはフィットのi-DCDを採用しないようにして、以前発表されていた1.0Lのダウンサイジングターボを使うとか。
またもうリコール問題は枯れたので引き続きi-DCDを使っていくというとか。様々な憶測が飛び交っているようだ。

ホンダはi-DCDを諦めない

個人的にはこれでホンダがi-DCDを諦めるとは思えない。つい先日発表のグレイスもi-DCDを搭載している。フィット系の車にはi-DCDを積んでくるだろう。いや逆にi-DCDを積んでいるからフィット系と言えるかもしれないのだ。

広告

フィットシャトルも続けるか?

先日のグレイスの出来が良さそうなので今回のフィットシャトルについても期待できそうな予感がする。
このフィット系のパッケージングについてはフィット・ヴェゼル・グレイスと大変うまくまとまっている。ホンダにとって最量販車種でありボリュームを稼げる車種なので力が入っているのは良く分る。それだけにこのi-DCDのリコール問題が無ければと惜しまれるのだ。
フィットシャトルについても期待ができそうだ。

今回はこのへんで
では

広告

関連カテゴリー

関連するカテゴリーはこちら、是非チェックしてみて下さい。

おすすめコンテンツ

気に入っていただけたら是非シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
*が付いている欄は必須項目です。

内容に問題なければ、下記の「OK!」ボタンを押してください。