TOYOTA 86「Racing」 ベースのコンプリートカーも増えてきた

    2015/10/13

TOYOTA 86「Racing」が出た時に内容を見て、これはイイと思った次第。
内容としては空冷式オイルクーラー、ロールゲージ、4点式ハーネス、ブレーキダクト、前後のフック。
特筆すべきは前後ベンチレーテッドディスク、トルセンLSDの装備だ。
この装備はノーマル86では高いグレードを選択しないと付いてこない装備なのだ。

広告

TOYOTA 86「Racing」は走りの機能が充実したモデル

シンブルな装備で走りの機能が充実したモデルが欲しいのに丁度良いグレードが無い状態だった。
こうしたシンブルなモデルを見てみるとボディカラーが選べなかったりする場合が多い。TOYOTA 86「Racing」 では普通の86と同じ色が選べる(7種)のも好印象だ。シンブルなRCグレードなども選択肢ではあるが、エアコンが無いのと走りの装備がプア過ぎてかえって割高になってしまう。
普段の足にする際にロールゲージは少し(ではないか?)邪魔な気がするが、それさえ我慢すれば必要なモノは全て揃っているのだ。
ボディカラーも自分の好きなカラーで乗り回せる(全7色)、白と黒だけではないのだ。
それを考えるとTOYOTA 86「Racing」 の280万円という価格は、パーツを後付けするコストも考えるとリーズナブルだと思う。
TOYOTA 86「Racing」の装備
↑ TOYOTA 86「Racing」の装備、かなり実用的な走りの装備となっている、ワンメークレースのベースなので当たり前か、日常使用にも十分耐えれると思う、画像はメーカーサイトから拝借

広告

ショップのコンプリートカーも充実し始めた

このTOYOTA 86「Racing」 をベースにしたコンプリートカーも出て来ている。
モンスターからは独自の装備を追加したモノで、コンペティションに強いモンスターならでは、と思われるモデルだ。ただし結構高いのが玉に瑕である。
モンスターの86コンプリートカー
↑ モンスターのコンプリートカー、TOYOTA 86「Racing」がベースでモンスター独自のチューニングやパーツが組み込まれる、軽量フライホイールなんて非常に魅力的だ、画像はメーカーサイトより拝借

広告

お財布にやさしい趣味の車

一般的に考えると、モータースポーツのベース車としては、まだまだ86の価格は高い。車両本体の価格に、走りのための装備を最低限でも施さないといけない。それに走りに行くお金も必要なのである。
こうした全てのコストを含めて考えないと、車は手に入れたが走りに行けないという事態になってしまう。できるなら86よりも一回り小さなコストを抑えた、しかし本格的なスポーツカーが欲しいところ。なかなかお財布事情が改善しない走り好きな人たち(私もだ)に受け入れられると思う。
あー、この分野もデフレなのだ。

今日はこのへんで
では

広告

関連カテゴリー

関連するカテゴリーはこちら、是非チェックしてみて下さい。

おすすめコンテンツ

気に入っていただけたら是非シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket