新型ポロにブルーGT、いつもの気筒休止で半分お休みも可

    2015/05/24

ついこの前に日本でも発売になったVWの新型ポロにブルーGTが追加され発売開始された。

IMG_1775

ブルーGTとは先代ポロからラインアップされているグレードで最大の特徴は気筒休止エンジンを積んでいることだ。ある一定の条件の時に4気筒のうち2気筒が休止して燃費を稼ぐという仕組みににっている。GTと名前がついているだけにパワーもそこそこ出ていて150PSある。その他にアイドリングストップやブレーキエネルギーの回収によりさらに燃費を稼ぐ。その結果21.5jm/Lの優秀な燃費を叩き出す。 新しい時代のGTカーのあり方を問うような車で走りと燃費を両立しようという欲張りな車なのだ。

広告

ブルーGTはどんな人に合ってる?

GTIほどのパフォーマンスは不要だが、たまには走りも楽しみたいという人にはうってつけの車となっている。ハイテクが詰まっているだけに価格は少々お高いが、今時のスポーティーカーのお手本のような車ではある。

こういった車を他のメーカーは作らないのだろうか。 そうこの車は内装もブルーで仕上げているのが非常に分かりやすい。

IMG_1776

今回はこのへんで

では

広告

関連カテゴリー

関連するカテゴリーはこちら、是非チェックしてみて下さい。

おすすめコンテンツ

気に入っていただけたら是非シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
*が付いている欄は必須項目です。

内容に問題なければ、下記の「OK!」ボタンを押してください。