本日発売開始、ホンダ新型スラッシュで気に入った色とか

    2018/11/23

2014年12月22日がやってきた。この日はホンダとスズキからニューモデルが発売開始される日だ。

広告

ネオクラシックの時代なのか

ホンダ新型スプラッシュのCaliforniaDinnerと呼ばれる内装パターン、西海岸のダイナーをイメージしているようだ、なかなか楽しくてよろし、画像はメーカーサイトより拝借

ホンダ新型スラッシュのCaliforniaDinnerと呼ばれる内装パターン、西海岸のダイナーをイメージしているようだ、なかなか楽しくてよろし、画像はメーカーサイトより拝借

 

そこでさっそくホンダの新型スラッシュのWebページをチェックしてみた。
N-BOXからの派生車ではあるが、なかなか良く雰囲気が出ている。
狙ったところはネオクラシックというようなジャンルだろうか、少しだけレトロ感のあるところを狙っているようだ。
個人的には古い車は渋い色目が好きだ、60年代のVWのTypeⅠなんて像色(グレー)が好きなのだ。最近はこうした渋いグレーのラインアップも一般的に増えてきている。
例えば最近オオっと思ったのがスバルのXVでデザートカーキという軍用色のような色がラインアップされている。それに今回のスラッシュはもっと輪をかけてレトロな感じのツートーンのカラーリングを展開している。

内装もネオクラシック

内装についても外装色によっては珍しいカラーが選べるようで楽しい。ここでは全く個人的な好みだが気に入った色の組み合わせを何点か上げてみよう。

ルーフが黒でボディーがワインカラーの組み合わせ、この時の内装はセッションという色が選択可能だ、これなんかは少し変わった組み合わせで珍しい色合いだ、ただ軽自動車なのでおどろおどろしい感じではなくカワイイ感じになるところが良い、画像はメーカーサイトより拝借

ルーフが黒でボディーがワインカラーの組み合わせ、この時の内装はセッションという色が選択可能だ、これなんかは少し変わった組み合わせで珍しい色合いだ、ただ軽自動車なのでおどろおどろしい感じではなくカワイイ感じになるところが良い、画像はメーカーサイトより拝借

 

今回の一番のお気に入りがこの組み合わせ、ボディーは渋いグレーに黒ルーフ、内装は少しスポーティーな黒っぽいもの、なかなかネオクラシックな感じが出ているのではないだろうか、画像はメーカーサイトより拝借

今回の一番のお気に入りがこの組み合わせ、ボディーは渋いグレーに黒ルーフ、内装は少しスポーティーな黒っぽいもの、なかなかネオクラシックな感じが出ているのではないだろうか、画像はメーカーサイトより拝借

 

広告

ホンダスラッシュは受けるか?

メーカーのホンダとしてもこれだけの色のラインアップと組み合わせを用意しようとするとかなりの手間だったろうと思う。
しかしより他社と差別化し若い層のファンを作ろうと思うと、これだけの手間をかけないといけない時代なのだ。ある意味、車がソフト化していくのを感じる。
そういえばダイハツ新型コペンのエクスプイレイなども少しジャンルは異なるがそういったソフトと一体となったマーケティングの例だ。

今回はこのへんで
では

広告

関連カテゴリー

関連するカテゴリーはこちら、是非チェックしてみて下さい。

おすすめコンテンツ

気に入っていただけたら是非シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメント一覧

  1. より:

    スプラッシュではなくスラッシュでしょう

    • TomTom より:

      ご指摘ありがとうございます。
      思い込みとは怖いモノですっかり思い込んでおりました。
      修正いたします。
      今後ともよろしくお願いいたします。