やっとホンダから新型シャトルが発売、第一印象は良くできている

    2015/06/20

2015年の春先に発売になると言われていたホンダの新型シャトルがやっと本日発売になった。サイズは従来通り5ナンバーサイズを踏襲してコンパクトワゴンとしての立ち位置をキチンと確保している。

広告

実はシャトルは検索する人が多かった

管理人のブログでもシャトルでの検索が多く地味に注目を集めていた。
それは5ナンバーサイズでの実用的なワゴンが少なくなっているためではないだろうか。現在のところ一番のライバルはカローラフィールダーだろう。あちらもハイブリッドを搭載した新型を投入したばかりだ。

新型シャトルの目玉は?

ハイブリッド4WD

それは何と言ってもハイブリッドモデルに4WDがある事だろう。ライバルのカローラフィールダーには無いアドバンテージだ。降雪地帯のユーザーは安心してハイブリッド車に乗ることができる。ハイブリッドにこだわらなければカローラフィールダーのガソリン車にも4WDの設定はある。

広い積載スペース

新型のシャトルは積載スペースにこだわった作りとなっており見るからに荷台が広いのが分かる。カローラフィールダーは荷物も載せれるワゴンという感じなのに対して新型シャトルは人も乗せれるワゴンと言えるくらい違いがある。
新型シャトルのラゲッジスペースは広大だ
こちらはカローラフィールダーのラッゲジスペース、シャトルより少し小振り
↑ 上が新型シャトルのラゲッジスペース、下がカローラフィールダーの荷室、容量が全く違うココはシャトルの勝ちというところ、画像は各メーカーサイトより拝借

大きく立派に見える外観

先代のフィットシャトルと今回の新型シャトルの外観から受ける印象も大いに異なる。
先代のシャトルは外観がなんだか押しこめられたデザインで伸び伸びとしてなかった。新型シャトルは同じ路線のデザインだがサイズ以上に大きく見えるし立派な印象だ。
解せないのはフィットの名称が車名から取れたのにサイドのキャラクターラインは明らかにフィットと同じ路線のラインが引かれている。それにフィット同様車体後部へ行くに従い分厚い印象がある。もう少し軽いスマートな車体でも良かったのではないかと思う。さらに色だが相変わらず渋い色ばかりなので明るい色をそろえてほしいと思う。 新型シャトルのフロント画像
新型シャトルのリア画像
↑ 新型シャトルのフロントおよびリア画像、5ナンバーサイズとは思えない落ち着いた感じの外観だ、先代から比較すると格段に良くなった、横から見ると少し間延びして見えるのが玉にきず、画像はメーカーサイトより拝借

広告

近頃のホンダ車の内装はイイ

最近のホンダ車の内装は非常に良くなったと思う。それほど高価な車でなくても高級感のある精緻な印象の車内となっていて印象が良い。新型シャトルも画像で見る限りはフィットよりももっと落ち着いた印象の内装だ。ヴェゼル以降のホンダの内装は良くできていると思う。
新型シャトルのインパネ画像
新型シャトルのシート画像
↑ 新型シャトルの内装、最近のヴェゼル以降のホンダ車の内装は格段に良くなったと感じる、ちっとも安物感が無く良い感じ、ベースとなったフィットともキチンと車格の差が感じられる、画像はメーカーサイトより拝借

新型シャトルの価格は思ったより安かった

前回シャトルの記事を書いた際にはハイブリッドFFで220万スタートと予想したが199万円からのスタートとなっている。これはうれしい誤算だろう。
ハイブリッドモデルで非常に実用性のあるワゴンがこの価格なら満足感が高い。自動ブレーキシステムであるあんしんパッケージを搭載したグレードは219万円からのスタートとなるので戦略的な価格設定だ。 新型シャトルは少し忘れられていた5ナンバーサイズのワゴンをブッラッシュアップした内容。これは人気が出そうな予感。  

今回はこのへんで
では

広告

関連カテゴリー

関連するカテゴリーはこちら、是非チェックしてみて下さい。

おすすめコンテンツ

気に入っていただけたら是非シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
*が付いている欄は必須項目です。

内容に問題なければ、下記の「OK!」ボタンを押してください。