新型オーリスがヨーロッパでも発売開始か、ツーリングスポーツはどうなる?

    2015/06/17

2015年のジュネーブショーで新型オーリスがヨーロッパでもお披露目になったことは記憶に新しい。その新型オーリスがいよいよヨーロッパでも販売を開始するようだ。

広告

ヨーロッパでの新型オーリスのエンジンは事前情報通り

ヨーロッパでのオーリスのエンジンは事前の情報通りガソリン1種、ディーゼル2種、それにハイブリッドとなる。比較的シンプルなエンジンの構成だ。
注目すべきはガソリンエンジンが新開発で日本でも発売が開始された1.2Lターボエンジンのみになる事だ。トヨタはこのエンジンに並々ならぬ期待を込めているのが良く分かる。

ガソリンエンジン

新開発1.2L直噴ターボ

ディーゼルエンジン

1.6L D-4D
1.4L D-4D

ハイブリッド

従来からの1.8Lガソリンハイブリッド
ヨーロッパでの新型オーリスはハッチバックとツーリングスポーツと言うワゴンの2本立て
↑ ヨーロッパでの新型オーリスはハッチバックとツーリングスポーツと言うワゴンの2本立て、このツーリングスポーツと言うワゴンが日本でも非常に扱いやすいサイズで外観も伸びやかで人気が出そうなのだが導入予定は聞こえてこない、画像はメーカーサイトより拝借

オーリスツーリングスポーツは日本に来ないのか

気になるのはなかなか伸びやかな外観を持つオーリスツーリングスポーツの事だ。このモデルは日本には全く入って来ていない。残念ながら日本導入の予定も無いようだ。
例えばUKトヨタのラインアップを見てみると、オーリスツーリングスポーツそれにアベンシス、7シートプリウス+とオーリス以外は日本と同じ状況なのだ。この状況でオーリスツーリングスポーツを日本に持ってこないのはどういう事なのだろうか気になるところではある。
改めてオーリスツーリングスポーツのボディーサイズを見てみると全長4,595mm×全幅1,760mm×全高1,485mm、ホイールベース:2,600mmとなっている。このサイズは非常に日本でも取り回しのしやすいサイズだ。プリウスα(ツーリングセレクション)と比較すると全長-50mm、全幅-15mm、全高-90mmとなっており一回り小柄になっている。
個人的な感想だがこのサイズはカローラフィールダーと被ってしまうのではなかろうか。ただカローラには無いディーゼルモデルや1.2Lターボモデルという選択肢もあるので日本でも受けそうな気がする。
新型オーリスツーリングスポーツの外観
↑ 新型オーリスツーリングスポーツの外観、なかなかスタイリッシュなワゴンだ、これに1.2Lターボが積まれて日本でも発売になれば人気が出そう、ディーゼルモデルも面白いかもしれない、画像はメーカーサイトより拝借

広告

新型オーリスハッチバックは評判よろし

日本でも販売開始されたお新型オーリスハッチバックのトップグレード120Tはなかなか評判が良いようだ。なんせ排気量の割にはリアサスペンションがダブルウィッシュボーンだったり凝った仕組みを採用している。排気量と価格それにグレードがシンクロしない状況になってきた、面白いモノだ。
この日本でも評判の良いオーリスのラインアップにツーリングスポーツを加えて、スバルのレヴォーグへの対向にしても良いのではないだろうか。同じグループ内での競合は避けたいという事なのだろうか。このあたりの詳細は分からないがアベンシスと入れ替えるのも良いだろうと思う。
このあたりまだこれから動きがあるのではないかと思う。

今回はこのへんで
では

広告

関連カテゴリー

関連するカテゴリーはこちら、是非チェックしてみて下さい。

おすすめコンテンツ

気に入っていただけたら是非シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
*が付いている欄は必須項目です。

内容に問題なければ、下記の「OK!」ボタンを押してください。