最近何かと熱いクロスオーバーその12、BMW「コンセプト アクティブツアラーアウトドア」

    2015/06/08

2012年のパリモーターショーでお披露目になったBMW「コンセプト アクティブツアラー」のバリエーションというかスタディーモデルとして「コンセプト アクティブツアラー アウトドア」が発表された。

広告

非常にクリーンでスポーティーな印象の「コンセプト アクティブツアラー」

「コンセプト アクティブツアラー」自体は発売も予定されていて最後の詰めが進んでいる模様だ。
今回の「コンセプト アクティブツアラー アウトドア」は自転車好きとしては良く出来たコンセプトモデルだと思う。イメージ作りがなかなか上手い。
最初にベースのBMW「コンセプト アクティブツアラー」の内容だが次のようになっている。

「コンセプト アクティブツアラー」スペック

サイズ:全長4,350×全幅1,833×全高1,576mm
パワートレーン:プラグインハイブリッド
エンジン:1.5L直列3気筒ターボエンジン、フロント横置、前輪駆動
モーター:後輪を駆動
システム最高出力:190PS
0-100km/h加速:8秒以下
最高速度:約200km/h
EV走行距離:約30km
燃費:2.5L/100km(40km/L)

実はエンジン横置きのモデルはBMW初となっている。あれだけ重量配分と駆動方式にこだわったBMWもエンジン横置きの時代になった。 

「コンセプト アクティブツアラー」の画像

ではさっそく「コンセプト アクティブツアラー」の画像を見てみよう。
BMW「コンセプト アクティブツアラー アウトドア」のフロント画像
↑ BMW「コンセプト アクティブツアラー アウトドア」のフロント画像、固まり感があって適度なメリハリがあるデザインだ、寸詰まりな印象だがしっかりBMWしていて他のメーカーと間違えようのないデザイン、バランス的にキドニーグリルはもう少し小さくても良いのではと思う、それにしてもツアラーとしてこんなに扁平率の低いタイヤが必要なのだろうか?、画像はネット上から拝借

BMW「コンセプト アクティブツアラー アウトドア」のリア画像
↑ BMW「コンセプト アクティブツアラー アウトドア」のリア画像、マフラーがバンパー埋め込みで左右2本出しがプラグインハイブリッドらしくない、無粋なデフューザーが無いのは好感が持てる、全体的に丸っこいデザイン、画像はネット上から拝借

BMW「コンセプト アクティブツアラー アウトドア」の室内画像
↑ BMW「コンセプト アクティブツアラー アウトドア」の室内画像、ホワイトを基調とした清潔感の溢れる室内イメージだ、大きなガラスルーフが見える、このガラスルーフはほぼルーフ一杯を占める夏は暑いだろう、画像はネット上から拝借

BMW「コンセプト アクティブツアラー アウトドア」の車載PND
↑ BMW「コンセプト アクティブツアラー アウトドア」の車載PND、最近流行りのPNDをオンダッシュ装備する、スマートフォンとの組み合わせで様々な情報を蓄積したり楽しんだりすることができるようだ、こうしたアプリも同時に発表になるのだろうか、画像はネット上から拝借

BMW「コンセプト アクティブツアラー アウトドア」の自転車積載システム
↑ BMW「コンセプト アクティブツアラー アウトドア」の自転車積載システム、荷室のサイドに自転車固定用のアームが備え付けになっている、かなり良く考えられたデザインだが多様な自転車に対応はできそうになくロードバイク限定または専用バイク用かもしれない、個人的な経験で言えばこうした積載システムはカッコ良く積めるがスペース効率が落ちるので好みではない、バラバラと積んだほうが良い場合が多い、画像はネット上から拝借

BMW「コンセプト アクティブツアラー アウトドア」の自転車積載システムその2
↑ BMW「コンセプト アクティブツアラー アウトドア」の自転車積載システムその2、前輪を外してフレームをアームに固定する、アームは社外へ回転して荷室から取り出しやすくする仕組みのようだ、外した前輪を固定するアームが荷室の床に取り付けられているのが分かる、自転車のサドルは取り外さないと天地が足りないようだ、車体色と自転車のリムがコーディネートされニクイ演出がされている、だたし変形したフレームを持つ自転車やMTBは積載が難しいだろう、それに自転車が汚れている場合は室内を汚すかもしれない、それも考慮された内装なのだろうか?水拭きが可能な素材だとベスト少し気になるところだ、ガラスルーフがルーフ後端まで広がっているのが分かる、画像はネット上から拝借

BMW「コンセプト アクティブツアラー アウトドア」の荷室後端のストレージ
↑ BMW「コンセプト アクティブツアラー アウトドア」の荷室後端のストレージ、床下収納に小物が収納可能、よく見ると内装と自転車のサドルが同一素材だ、オプションとしてロードバイクを売り出す計画なのだろう、最近の自動車メーカーは各社自転車のラインアップを持っているので十分考えられることだ、ストレージとしては天地が浅くあまり活用できそうにない、それに床下収納は積み上げた荷物を全てどけてからしかアクセス出来ないので不便、画像はネット上から拝借

広告

コンセプトモデルとしては良く出来ている「コンセプト アクティブツアラー」

全般的には良く出来たコンセプトモデルだと思う。自転車乗りの要求を良く取り入れていると思うがこれが活用できるのはこの画像に紹介されているパターンだけだ(ロードバイクで近所のサイクリング程度)。
もう少し様々な自転車の使い方を考慮してほしかったとは思うが、自転車乗りの夢というか理想形をコンセプトモデルとして良く表現できていると思う。
車としてはサイズもそれほど大きくないし使いやすそうな感触だ。燃費も良くツアラーとしてはベストな形の一つと言って良いだろう。詳細は分からないが後輪をモーター駆動するとの事なので4WDにもなるという事だ、ツアラーとしては心強い事だと思う。
イメージとしてクリーンなプラグインハイブリッドと自転車の組み合わせは大変イメージが良い。価格がそこそこなら良く売れるのではないか。
実際に販売される時にはどのようになっているかは大変楽しみだ。画像を見る限り今の段階でも完成度が非常に高い。

今日はこのへんで
では

広告

関連カテゴリー

関連するカテゴリーはこちら、是非チェックしてみて下さい。

おすすめコンテンツ

気に入っていただけたら是非シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
*が付いている欄は必須項目です。

内容に問題なければ、下記の「OK!」ボタンを押してください。