新型フォードフォーカスRSが登場、全輪駆動しかも320PS !

    2015/06/18

フォードから新型のフォーカスRSが発表されている。
新型のフォーカスRSは先代のFFからAWDに再び変更されておりパワーも増強された。そしてフォーカスRSは世界戦略車として位置付けされて文字通り世界を相手にするようになった。

広告

モンテカルロラリーを見てたら

WRCの開幕戦であるモンテカルロラリーをテレビで見ていたら結局VWの123フィニッシュで決着した。フォードは7位に入るのがやっとという状態で少々寂しい印象だ。
ドライバーの問題も大きいが車の戦闘力の問題もあるだろう。

広告

より強力になって戻ってきたフォーカスRS

先代は300PS越えのFF車だったが、新型は全輪駆動となり高度なトルクベクタリングが採用されているようだ。
エンスーには面白くない部分もあるかもしれないが新型の320PSを有効に使おうとすれば全輪駆動はベストの方法だと思う。

広告

RSはこれくらい過激なほうが良いと思う

歴代のRSシリーズはなかなか猛者が集まっているのだが新型のRSについても内容は遜色は無いだろう。
ただドライビングが楽しいかどうかは運転しないとなんとも言えないところだ。WRCのようなドライビングができるのであれば楽しいだろうが場所を選ぶだろう。

広告

フォード新型フォーカスRSスペック

現在分っているスペックは次の通り。

エンジン:2.3L EcoBoost 320PS、レブリミット6,800rpm、Auto-Start-Stop装備
ミッション:6MT
駆動方式:AWD、電子制御クラッチパック
AWDシステム:Ford Performance AWD system、前後左右トルクベクタリング、前後最大70%後輪へ配分、各後輪はその100%まで配分可能
サスペンション:2段切替ダンパー
タイヤホイール:235/35R19、標準Michelin Pilot Super Sport、オプションPilot Sport Cup 2
空力:ゼロリフト
ライティング:Adaptive Front Lighting
安全装備:Active City Stop
コックピット:レカロシート
マンマシン:SYNC、8インチタッチパネル、3連メーター(ブースト/油温/油圧)

広告

フォード新型フォーカスRSの画像を見てみよう

フォード新型フォーカスRSフロント画像
↑ フォード新型フォーカスRSフロント画像、よりアグレッシブになったフロント周り、バンパー部分がボディー色だったのがブラックアウトされていて怖い感じになった、バンパー下部の開口部が非常に大きく高性能を予感させるが石が入りそうだ、全体的には最近のフォード顔となっている、画像はネット上から拝借

フォード新型フォーカスRSサイド画像
↑ フォード新型フォーカスRSサイド画像、ホイールアーチにパンパンに収まっているタイヤホイールが印象的、タイヤホイールは235/35R19サイズだ、さりげない前後フェンダーの膨らみが良い感じ、サイドのキャラクターラインはあっさりしたもの、ブレーキディスクはまだ余裕がありそうだ、画像はネット上から拝借

フォード新型フォーカスRSリア画像
↑ フォード新型フォーカスRSリア画像、リアはリアハッチ上部の巨大なウィングが目立つ、さらにバンパー下部にはいかにも効きそうなデフューザーを装備する、ゼロリフトを達成しているボディーワークだ、マフラーは左右振り分けの2本だしで太い、前かがみの姿勢が速そうな印象を与える、画像はネット上から拝借

フォード新型フォーカスRSインパネ画像
↑ フォード新型フォーカスRSインパネ画像、インパネの基本的なつくりはフォードそのもの、RS独特のダッシュ上の3連メーターも引き継がれている、ちなみにブースト/油温/油圧となる、ステアリングホイールは下部がフラットなD型形状、ブレーキとクラッチペダルが小さいのではないかと思う、センターコンソールには8インチタッチパネルそ装備しマンマシンはフォード得意のSYNCだ、画像はネット上から拝借

フォード新型フォーカスRSインパネ画像その2
↑ フォード新型フォーカスRSインパネ画像その2、シートはレカロ製となる、RSの室内の作りは代々渋めの通好みのモノ、走りに寄せるのであればもっと装備を簡素化しても良いと思う、または簡素化したモデルがあっても良いだろう、ミッションは6MTだがかなり豪華な室内だ、画像はネット上から拝借

フォード新型フォーカスRSのAWD画像
↑ フォード新型フォーカスRSのAWD画像、今回のAWDシステムは前後各々左右のドライブシャフト間に電子式のクラッチが装備されている、これで左右のトルク配分を行うようだ、後輪も同様の機構を持つ、前後トルクは状況により最大70%までが後輪へ配分される、かなりテールハッピーなことを意識しているようなフシがある、これはケンブロックの影響だろうか、画像はネット上から拝借

フォードのRSのシリーズは1970年のエスコートが始まりらしいが、その時その時でかなり過激な車をリリースしてきている。
一時はシエラRSはコスワースヘッドを積んだモデルもあり、当時ラリーをしていた自分としてはかなり憧れたものだ。RS200なんて今でも欲しいと思っている。こうした少し過激な車を1台持ってみたいものだと思う。

今回はこのへんで
では

 

広告

関連カテゴリー

関連するカテゴリーはこちら、是非チェックしてみて下さい。

おすすめコンテンツ

気に入っていただけたら是非シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket