• 2020/01/30
  • 2020/01/30

最近のマツダに思う 一般受けしない孤高の道は険しい

マツダファンの方には申し訳ないが、管理人は最近のマツダ車には魅力を感じない。 それはいつからだろうか? たぶん鼓動とか言い出したあたりからではないだろうか。 マツダは技術的には良いものを持っていると思うし品質もなかなかのものだ。 でもなぜか魅力を感じない、なぜだろうか? そんな事を書いてみた。 ここに書くのは個人的な管理人の思いだということをご了承いただきたい。 デザインが好きか嫌いかはユーザが決 […]

  • 2019/01/31
  • 2019/03/31

スバルの点検パックには要注意 6ヶ月のオイル交換が含まれていない

うちにあるBRZはスバルの点検パックの5年ものに入っている。 少し前のことになるが、購入から1年と半年(18ヶ月)経過したので、18ヶ月セーフティーチェックなるものを受けてきた。 スバル以外の点検パックはいくつか経験しているが、6ヶ月ごとのオイル交換が含まれていた。 今回も当然のことながらオイル交換をするものと思っていたのだが、そうではなかったことに驚いた。 BRZの購入時に点検パックの説明を受け […]

  • 2018/07/20

「美しさは人の手で作り込まれたものに宿る」マツダはそう考えます 違和感を感じるマツダのデザイン戦略

最近マツダのコマーシャルをテレビで見ていて大きな違和感を感じた。 それはマツダのコマーシャルで、「美しさは人の手で作り込まれたものに宿る」マツダはそう考えます、と台詞が入るものだ。 マツダデザインについては管理人は好きではないが、新しい方向性を持っているとは思う。 だがその姿勢はどうなのだろう。 そんな事を書いてみた。 以前から違和感を感じるマツダのデザイン戦略 管理人TomTomは以前からマツダ […]

  • 2018/06/08
  • 2018/06/08

ロードスターRFのマイナーチェンジに思う 26PSアップは既存ユーザをガッカリさせる

ロードスターRFがマイナーチェンジを発表したようだ。 ロードスターは管理人もNCに乗っていたことがあるので興味はあるのだが、ロードスターRFは大変高価な車になってしまった。 それだけに今回のマイナーチェンジでは少々考えさせられる内容と思った。 マイナーチェンジの内容はたいへん多岐にわたり、真面目にロードスターRFのバージョンアップを図っているのには敬意を表する。 だがエンジンの馬力が26PSもアッ […]

  • 2017/09/05

15MB VS アルトワークス VS S660 それに新型スイフトスポーツ加えて改めて比較してみると…

当ブログの読者の方から問い合わせがあった。 その内容は15MBとアルトワークスで購入を迷っていらっしゃるとのこと。 実はこの2台は管理人も当初たいへん迷った2台だった。 購入するかどうかギリギリまで検討をしていたのだが、S660も候補に入れて再検討をしてみたのだった。 管理人の場合は結局S660に決定したのだった。 そんな経緯も含めて改めて 15MB VS アルトワークス VS S660 +α を […]

  • 2017/08/25

内燃機関にこだわるマツダ バリエーションの増えてきたSKYACTIV-D G R X 電動過給器も視野に入れる

ここのところマツダが立て続けにエンジンに関する技術を発表している。 それは SKYACTIV の一環だが今までとは少々異なる技術だ。 その技術はSPCCIといい日本語にすると火花点火制御圧縮着火という技術だそうだ。 これとは別にマツダはロータリーエンジンについても研究を続けておりEVのレンジエクステンダーとしての利用が見込まれている。 さらにアメリカでは電動過給器のエンジンの特許出願を行ったようだ […]

  • 2016/10/06
  • 2020/08/11

ええ加減にして欲しい スポーツカー=オープンカーという構図

管理人はコンパクトで軽くて気持ちの良いドライビングができる車が好きだ。 どちらかというとパワーよりもヒラヒラ感が好きでライトウェイトスポーツカーが好きなのだ。 最近のスポーツカーを見ているとなんだかスポーツカーはオープンでなければならないという風潮がはびこっているように思う。 管理人はこれには苦言を呈したい。 いつのまに出来上がった?スポーツカー=オープンカー ハイパワーなスポーツカーには当てはま […]

  • 2016/08/15
  • 2018/11/23

新型NDロードスターRFの実物はやっぱり中途半端だった

先週に「AUTOMOBILE COUNCIL 2016」で日本で初公開の「ABARTH 124 spider」を見てきたことはレポートした。 「AUTOMOBILE COUNCIL 2016」はヒストリックカーのイベントだが新車も数多く出展されていたのだった。 今回は以前から画像は出回っていた「新型NDロードスターRF」の実車がルーフの開閉実演付きで展示されていたのでレポートしたいと思う。 「新型 […]

  • 2016/08/07

独自規格の「GLOBAL MX-5 CUP仕様車」はキャロッセ製で7,884,000円 意外と高いじゃないか

NDロードスターの日本発売の前からマツダは「Global MX-5 Cup」の構想を打ち出していた。 その車両を以前紹介したが内容はかなり本格的な内容で本気のレース仕様となっているのだった。 そんな「GLOBAL MX-5 CUP仕様車」が日本でも発売になるということで内容が発表された。 日本国内ではクスコブランドで有名なキャロッセから発売となる見込みだ。 価格は国内のワンメークレース車両としては […]

  • 2016/08/02

ちょっとマツダが心配な状況なのだが打開策はあるのか?

マツダの業績が落ち込んでいる2016年6月の世界生産台数は前年同月比で12.5%減、国内販売は前年同月比49.1%減(自販連データ)となっていてコレは5か月連続の2ケタ減となってしまっている。 いったいどうなってしまったのだろうか? DJデミオの販売開始ころからマツダは正価販売を行うと宣言してきた。 その際に管理人はまだ早いだろうと予想したのだった。 確かにマツダの車はずいぶんと良くなっているのは […]