ハイブリッドもディーゼルも無い日産エクストレイルが好調なわけ

    2015/06/20

2013年12月に発売になった日産のエクストレイルの販売は好調を続けているようだ。
日産エクストレイルには現在のところハイブリッドもディーゼルも無いので燃費性能的にはあまりメリットが無いのが実情である。
それにもかかわらず好調なのはどんな理由があるのだろう。
20140527-213258-77578687.jpg

広告

新型エクストレイル好調のわけ

まずこのサイズのSUVは最近のクロスオーバー人気もあり日本国内では使いやすい人気のあるジャンルなのだ。
それに加えてエクストレイルの販売の約半分を占める7人乗りモデルが予想外の健闘を見せている。
やはり主な購買層であるファミリーユースの顧客には3列シートは訴求力がある。
ミニバンは嫌だという人が購入しているのだろう。  

クロスオーバーのブームなのか?

思い返してみると昔の4WDブームの時にもこういう動きがあった。流行はリバイバルしているのだろうか。
個人的にはもう少し小さいSUVが好みだ。ラッシュ/ビーゴあたりの大きさが良いのだがモデルが古くなった。次のモデルを待つのが妥当だろう。
それ以外ではパンダクロスが良いと思っている。

今回はこのへんで
では

広告

関連カテゴリー

関連するカテゴリーはこちら、是非チェックしてみて下さい。

おすすめコンテンツ

気に入っていただけたら是非シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
*が付いている欄は必須項目です。

内容に問題なければ、下記の「OK!」ボタンを押してください。