アウディA1に「1.4 TFSIシリンダーオンデマンド」設定、良いネーミング

    2015/05/24

アウディは2014年6月10日にA1の新グレード「1.4 TFSIシリンダーオンデマンド」を設定した。

VWでは既に気筒休止システムを積んだエンジンはデビューしているがアウディでもA1に搭載して来た。この技術自体はかなり古くからあるが、それほどメジャーな存在にはならなかったのが実態だ。

広告

VWの技術の横展開

今回の特徴は最高出力140ps、最大トルク25.5kgmを発揮、これは従来のモデルよりも18ps、5.1kgmのアップを実現している。同時に燃費性能も2.7km/Lアップ20.5km/リッター(JC08モード)としているところが凄い。

ユーザーから見ればパワーとトルクは上がり、燃費も向上、多分価格も上昇なのだろうが良いことづくめではある。価格の上昇分に対してユーザーが判断を行うことだろう。

前から主張していることだが走って楽しい、そして走る場所までの移動は燃費よしというのがベストだ。仮にこれがスポーツカーでも同じだと思う。まさに今回の「1.4 TFSIシリンダーオンデマンド」はピッタシではないか。

今回はこのへんで

では

20140611-094349-35029891.jpg

広告

関連カテゴリー

関連するカテゴリーはこちら、是非チェックしてみて下さい。

おすすめコンテンツ

気に入っていただけたら是非シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
*が付いている欄は必須項目です。

内容に問題なければ、下記の「OK!」ボタンを押してください。