ちゃんと調べてみたら意外とエエ感じやん、BMW「4シリーズ」

    2015/05/26

BMWの4シリーズは日本で2013年9月24日に発売だから、既に4か月以上のの時間が経っている。
ここのところBMWは3シリーズから4シリーズを独立させたり、1シリーズから2シリーズを独立させたりと何かと忙しい。

広告

改めてBMW4シリーズを見てみた

そのBMW4シリーズを改めて見直してみた。3シリーズから独立しただけの事はありサイズ的にはCセグメントそのもの。具体的には全長4,640mm×全幅1,825mm×全高1,375mmのサイズに収まっている。
3シリーズよりは少しだけ大きいがまずまずコンパクトなサイズだ。形状的には3シリーズのクーペ版なのだがよく見るとアグレッシブな演出がされていることが分かる。
BMW4シリーズのエンジンば2種類あり、428iは2.0L直4気筒245psツインパワーターボ、435iには3.0L直6気筒306psツインパワーターボが搭載される。
ミッションはどちらも8速ATが組み合わされる。
動力性能としては0-100km/h加速が428iで5.8秒、435iが5.1秒となり十分なスポーツカーのスペックを誇る。
もっとヤワなモデルかと思っていたがさすがBMWが作るクーペなだけのことはある。

BMW4シリーズの外観

ではさっそくBMW4シリーズの外観を見てみよう。
BMW4er00
↑ BMW「4シリーズ」のフロント画像、低くワイドなことがことさら強調された外観、その割には全幅はそれほど大きくない、しかし紛れもないBMWの顔付きだ、画像はメーカーサイトより拝借

BMW4er01
↑ BMW「4シリーズ」のサイド画像、なんだか3シリーズのようでもあり1シリーズのようでもあり微妙なシルエットだ、細部はかなり凝った作りをしている、例えばフロントフェンダーには穴が開いているのだ、キャラクターラインも新鮮な印象だ、画像はメーカーサイトより拝借

BMW4er05
↑ BMW「4シリーズ」のリア画像、この角度なら3シリーズとの区別がつかないかも知れない、すこしだけフェンダーが膨らんでいるような印象はある、マフラーやデフューザーの類も控えめなモノ、画像はメーカーサイトより拝借

BMW4er06
↑ BMW「4シリーズ」のリア画像その2、リアフェンダーが微妙に膨らんでいるが本当に微妙だ、キャラクターラインからCピラーリアフェンダーの辺りは今までにない造形をしている、それによりテールランプの印象も少し異なる、画像はメーカーサイトより拝借

BMW4er07
↑ BMW「4シリーズ」のLEDヘッドランプ画像、LEDヘッドランプが採用になった、ステアリングを切った方向に追従する機能もあるようだ、今までと少し異なる印象、画像はメーカーサイトより拝借

BMW4er08
↑ BMW「4シリーズ」のフロントフェンダー画像、ここが最近の流行のフェンダー穴あき部分、ちゃんと穴が開いているようでフェンダー内のエアーを排出するようになっているらしい、ここのところこういった造形が他メーカーでも目立つ、個人的にはエレガントではないので好みではないがよりアグレッシブには見える、画像はメーカーサイトより拝借

BMW4er09
↑ BMW「4シリーズ」のインパネ画像、この色はどうもだがBMW流の手法にのっとった手堅い造形のインパネだ、ステアリングも真円だし安心できる空間だ、画像はメーカーサイトより拝借

BMW4er10
↑ BMW「4シリーズ」のエンジン画像、これは2.0L直4のエンジン、エンジン外観は特に特殊な事が無いように思える、ターボエンジンだがBMWらしくレブリミット7000回転まで気持ちよく回るエンジンのようだ、の画像はメーカーサイトより拝借

 

広告

BMW4シリーズは硬派なクーペだった

見てくればスタイリッシュなクーペで軟弱な奴なのか、と思っていたが内容ななかなかBMWらしく硬派なクーペと仕上がっている。
特に428iは4気筒のエンジンを積むにもかかわらず結構な俊足だ。これなら文武両道が実現できそうな車に仕上がっているのではないだろうか。
ちなみに428iは604万円、420iというモデルもありこちらは497万円となる。

今回はこのへんで
では

広告

関連カテゴリー

関連するカテゴリーはこちら、是非チェックしてみて下さい。

おすすめコンテンツ

気に入っていただけたら是非シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
*が付いている欄は必須項目です。

内容に問題なければ、下記の「OK!」ボタンを押してください。