やっと本格派の「ジューク NISMO RS」が登場

    2015/05/24

最近の日産では元気の良いジュークだが、以前から予定されていた「ジューク NISMO RS」が2014年10月に発売される見通しだ。

NISMOによる比較的安価な車のチューニングは全くの手抜きだったが、やっと「ジューク NISMO RS」で本領発揮となる。GT-RやZではNISMOは素晴らしい仕事をしているのにマーチやジュークでは力が入っていないのがハッキリしていた。ベース車両の価格が安いとチューニングしても値付けが難しいのは分かるが、そこはやはりメーカーチューンの付加価値として提供するべきだと思う。

広告

やっと本格的な内容の「ジューク NISMO RS」が登場

今回の「ジューク NISMO RS」は1.6L直噴ターボから最高出力215psと最大トルク29.0kgfmを絞り出す。ベースがGTに積まれているエンジンなので190ps/24.5kgfmから25psのアップとなっていて本格的だ。ボディーにも補強が入りブレーキもスープアップされている。ミッションは8速MTモード付エクストロニックCVTだ。

JukeNismoRS01

 

外観は見ての通り空力パーツが装着されかなりアグレッシブな雰囲気だ。フェンダーのエクステンションも装備だが車高はそれほど下がっていない模様。

JukeNismoRS02

魅力的なのは内装だ。ステアリングはアルカンターラと通常のレザーのコンビ、シートもアルカンターラとなっていて見栄えが良いしスポーティーだ。日本ではCVTモデルのみのようだが、MTもあるようだ。加えて4WDとFFのモデルがあるが日本での発売はどちらなのか不明。内容からして結構高価な車になりそうだが、メーカーチューンが施された(特にボディー補強)車は魅力的だ。

昨今の4WDというかクロスオーバーをチューニングしてすごく速い車にするトレンドはどうかと思うが、これもマーケティングの結果だろう。小型軽量なコンパクトカーでこういう車があっても良いと思う。

 

今回はこのへんで

では

 

広告

関連カテゴリー

関連するカテゴリーはこちら、是非チェックしてみて下さい。

おすすめコンテンツ

気に入っていただけたら是非シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket