やっと日本でも導入アウディS1、小さくてもピリリと速い

    2015/05/24

ヨーロッパでは既に発売済のアウディS1が日本でも2015年11月5日から受注を開始した。

新型アウディS1/S1スポーツバック

やっと日本導入となった新型アウディS1/S1スポーツバック

今回発売になったアウディS1はご存知の通りA1をベースとしている。アウディのラインアップでは最も小型のモデルになる。アウディのSモデルはBMWで言うMモデルにあたる存在であろうか。ベースモデルに対して走りに振った装備やチューニングがされており走りが好きな人には気になるモデルとなっている。アウディにはこのSモデルの上にRSモデルがありこちらはスーパーカー級のハイパフォーマンス車だ。

広告

S1は小さいがかなりの俊足

今回発売されたS1とS1スポーツバックは全長3990mm全幅1740mmの小さなボディーに2.0Lの231PSのエンジンを積みクワトロシステムによる4WDを装備する。ボディーは小さいが中身は本格的な内容となっている。少々重量は重いが走らせると痛快だろうと想像できる。ちなみに0~100加速は5.8秒とかなりの俊足だ。

TomTom的にはS3を検討した時期があった。やはり魅力はそのパフォーマンスとさりげない外観、それに数が多く無いモデルというところだろうか。ただし今回のS1はファミリーカーとしては小さいので、家の中では車好きの人の専用車と言う扱いになってしまうだろう。価格は410万円と言うことだから内容を考えると決して高くは無いと思う。MTのみのラインアップということからも、こりゃ完全にエンスーなお父さん専用のおもちゃとなってしまうことだろう。

今回はこのへんで

では

広告

関連カテゴリー

関連するカテゴリーはこちら、是非チェックしてみて下さい。

おすすめコンテンツ

気に入っていただけたら是非シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
*が付いている欄は必須項目です。

内容に問題なければ、下記の「OK!」ボタンを押してください。