ホンダ矢継ぎ早の新車投入、ストリームの後釜ジェイド

    2015/05/24

日本ではストリームの後釜と言われているジェイドが2015年の年明け早々に発売になる見込みだ。

広告

新しい価値を想像できるかジェイド

ホンダ新型ジェイド

ホンダ新型ジェイド

背の低いピープルムーバーは日本ではあまり人気が無い、今回の新型ジェイドの兄貴分にあたるオデッセイもそれほど伸びていないのが現状だ。 ただ日本以外では少々事情は異なり、ワゴンやシューティングブレーク等の需要が旺盛なのだ。

新型ジェイドはすでに中国マーケットに投入済みのモデルとなっている。 日本でのジェイドの展開は1.5Lのハイブリッドのみになる予定だが、これはフィット以降のヴェゼル、グレイスと同じユニットを搭載する。フィットほどのボリュームが見込めないためか、これらのモデルはハイブリッド専用となる。ジェイドも同様だ。 フィットの車台とパワーユニットを利用したモデルとして2作目ヴェゼル、3作目グレイス、4作目ジェイドとなったわけだ。
日本では扱いやすいサイズでもあるしそこそこ売れるのでは無いだろうか。

今回はこのへんで

では

広告

関連カテゴリー

関連するカテゴリーはこちら、是非チェックしてみて下さい。

おすすめコンテンツ

気に入っていただけたら是非シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
*が付いている欄は必須項目です。

内容に問題なければ、下記の「OK!」ボタンを押してください。