「Abarth 695 Biposto」ハードボイルドなフィアット500

    2016/02/28

ジュネーブショーでアバルトから「Abarth 695 Biposto」が発表されている。
オリジナルのアバルト695と言えば約50年前の往年の車だが、その雰囲気を現代的に仕立て直したものだ。
しかしながらその内容はかなり本格的で「695アセット コルセ」というレーシングカーをベースにしており、かなり凄いことになっている。

広告

レーシーな外観の「Abarth 695 Biposto」


↑ 「Abarth 695 Biposto」のフロント画像、ちょっとフェンダーも膨らんでいるし只者ではない雰囲気を醸し出す、パワーは1.4Lターボから190HPを絞り出す、重量は997kgなので5.25kg/HPのパワーウェイトレシオで十分スポーツカーである、画像はネット上から拝借


↑ 「Abarth 695 Biposto」のフロント画像その2、 0-100km/h加速は5.9秒、最高速度は230km/hでこの形状からは想像しにくい俊足だ、フロントの開口部が大きく厳ついところがチューン度を想像させる、画像はネット上から拝借


↑ 「Abarth 695 Biposto」のリア画像、ミッションは5速のH型パターンを持つドグミッションということでH型と言うのが珍しい、もちろんLSD等も標準装備、215/35R18のタイヤをOZのホイールに履く、フロントブレーキは305×28mmのディスクに4ピストンのブレンボキャリパーを装備する、画像はネット上から拝借

広告

「Abarth 695 Biposto」のミッションはなんとドグミッション


↑ 「Abarth 695 Biposto」の室内画像、潔くツーシーターとなっていてリクライニングシートに4点式ハーネスを装備する、シフトレバーがいかにもと言う感じで素晴らしい、ドアガラスはアクリル?となっていてレーシングカーやラリーカーと同じで全開できないタイプ、どうせここまでやるならシートはフルバケットにサイドバー付きのロールバーが欲しい、画像はネット上から拝借


↑ 「Abarth 695 Biposto」の室内画像その2、実はロールバーでは無いリアのタワーバーを拡張したような金具をパーツする、もっと潔くロールバーを入れても良かったのではないだろうか諦めが付く、ネットが張ってあるのがマニアックだが実用性は全く無さそうだ、ハーネスは4インチのタイプをバーに直接装着するタイプだ、どうせツーシーターだし窓は開かないのでロールバーを入れるべきだ、画像はネット上から拝借

広告

「Abarth 695 Biposto」は本物の匂いがする

良く見るとなんちゃってレーシングカー的なところもあるが、チューニングの内容を見ると本格的だ。
惜しいのはいっそのことロールバーを入れてフルバケットを装備すればそのまんまレーシングカーなのでもっと雰囲気があるのではないだろうか。
こうしたオプションパーツもあれば良いと思う。
しかしながらこういった小さな車で本格的な内容の車は少ないので貴重な存在だ。
日本でも発売されるといいと思う。

今回はこのへんで
では

広告

関連カテゴリー

関連するカテゴリーはこちら、是非チェックしてみて下さい。

おすすめコンテンツ

気に入っていただけたら是非シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket