アルトワークスの発売は2015年12月24日に決定、Webサイトもオープン

 

注目度の高いスズキの新型アルトワークスだが発売日が決まった。
同時にWebサイトもオープンしており秒読みに入った感がある。
元気な車が増えるのは単純にうれしい事だ。
スズキ新型アルトワークスののフロント画像

広告

細かいスペックはまだ分からない

新型アルトワークスはアルトターボRSをベースにイロイロチューニングが施されているようだが細かいスペックはまだ発表されていない。
こちらで掴んだ事前情報が少々不正確なところはあるが個人的にはクロスミッションが魅力的だ。
こうした小排気量でパワーの小さな車を生かすのも殺すのもミッションのギア比が非常に重要だからだ。
実際に運転するとどのようなフィーリングなのだろうか?大変興味がある。
新型アルトワークスのインパネ画像
↑ 新型アルトワークスのインパネ画像、アルトターボRSではシフトレバーが生えていたダッシュが物入れになっているのが面白い、インパネはそれ以外はほぼ同じだ、画像はメーカーサイトより拝借

広告

スズキは年末に発表と言うパターンが結構多い

もうひとつ面白いのはスズキの場合は年末ギリギリに発表するというパターンがままある事だ。
新型アルトが発表されたのも昨年の年末だった

新型アルトワークスの場合は年明けの発表かと言われていたが年内になった。
どうもスズキは年末発表と言うのが好きみたいでこれは面白い。
新型アルトワークスの装備画像
↑ 新型アルトワークスの装備画像、ワークスの専用品が結構多い、一番はレカロシートが設定された事だろう、早く細かいスペックも知りたいものだ、画像はメーカーサイトより拝借

広告

さっそくカタログ請求をした

維持費の安い軽自動車で元気な車の登場はうれしい事だ。
管理人TomTomの場合はどちらかというと2ペダルのほうが家庭内事情にはマッチしている。

本来はMTで乗るのがベストなのだろうが家庭の事情で2ペダルという人も多いだろう。
スズキの場合は装備やエンジンの味付けには差はあるがこうしたケースにも対応できる。
2ペダルならアルトターボRSを選択すれば良いし、MTならアルトワークスを選択できる。
こうした選択ができるというのは素晴らしい事だ。

今回はこのへんで
では

広告

関連カテゴリー

関連するカテゴリーはこちら、是非チェックしてみて下さい。

おすすめコンテンツ

気に入っていただけたら是非シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket