• 2021/09/20
  • 2021/09/20

JB64ジムニー/JB74ジムニーシエラのマイナーチェンジでのアイドリングストップ装備に思う

メディアを見ていたらJB64ジムニー/JB74ジムニーシエラのマイナーチェンジの記事が出ていた。具体的にはAT車にアイドリングストップが付くという内容だ。そんなことを書いてみた。 燃費を気にするクルマではない、ことはない 過去に管理人は新型ジムニー/ジムニーシエラの燃費について書いたことがある。それは2018年11月の記事で管理人が現在乗っているJB74ジムニーシエラを手に入れる前だが、次のマイナ […]

  • 2020/01/20

ゴムが好きなんですフロアマット、ロッキー/ライズのゴムのフロアマットに見るトヨタとダイハツの心意気の違い

管理人はゴムのフロアマットが大好きである。 これはクロスオーバーでもスポーツカーでも変わりはない。 シリーズとして「ゴムが好きなんですフロアマット」の記事を書いてきたが国産でダントツによく出来ているのはトヨタのゴムのフロアマットだと思う。 そんな観点で新型ロッキー/ライズを見たいたら気がついたことがある。 そんなことを書いてみた。 フロアマットはやっぱりゴムでしょ 管理人が考えるにフロアマットって […]

  • 2019/11/30
  • 2019/11/30

新型「ロッキー/ライズ」のオフロードタイヤを考えてみた

管理人はコンパクトな4WDが大好きだ、日本の狭い林道でも入って行けそうだ。 先日トヨタの新型「ライズ」の4WDモデルの展示があったので下廻りを覗き込んできたのだった。 実際に走らせてみないと4WD性能は分からないのだがクロカンをするほどではない悪路の走破性に興味がある。 そこで新型「ロッキー/ライズ」のオフロードタイヤを探してみたのだった。 そんなことを書いてみた。 ヨコハマタイヤのジオランダーA […]

  • 2019/11/18
  • 2019/11/30

トヨタ新型「ライズ」の下廻りを覗いてきた 気になる4WD性能

管理人はコンパクトな4WDが好きだ。 長らく空席だった5ナンバーの4WDとして新型ロッキー/ライズが発売になっている。 そこでダイハツとトヨタを回って情報収集をしてみたのだった。 そんなことを書いてみた。 対象的なトヨタとダイハツの店頭 週末にトヨタとダイハツのディーラーを回ってきた。 面白いのはこの2つが対象的だったことだ。 ダイハツは新型ロッキーの試乗車があり、ひっきりなしに試乗に出掛けていき […]

  • 2019/11/11

ダイハツ新型「ロッキー」は少々軟弱になったが今どきの装備がてんこ盛り

ダイハツ「ロッキー」といえば懐かしく思う人も多いだろうと思う。 初代の「ロッキー」は一昔前にダイハツから出ていたクロカン4WDの名前だった。 今回ダイハツからやっと出てきた新型「ロッキー」は先代から見ると少々軟弱になったという印象だ。 だがよく見てみるとかなりの力作となっていて力の入れようが分かるモデルとなっている。 そんなことを書いてみた。 貴重な5ナンバーのSUV ここではあえて新型「ロッキー […]

  • 2019/10/18
  • 2019/10/18

ついに出たのか?「COPEN GR SPORT」 大阪弁のPVがイケてる

ダイハツとトヨタで同時に「COPEN GR SPORT」が発売になった。 その内容といえばトヨタのGRフレーバーが満載となっている。 GRシリーズに定番のシャープになったフロントマスクにボディ補強、足回りの変更が主なところ。 乗ってみないと分からないが良い感じに仕上がっているような気がする。 そんな事を書いてみた。 daihatsu.co.jp やっとダイハツも「おもろく」なるのか? ダイハツのラ […]

  • 2019/04/05
  • 2019/04/05

相変わらず「おもろくない」ダイハツのラインアップ コペンGRには期待したいが…

いつからだろうか?ダイハツのラインアップが面白くなくなって久しい。 なにもこれはダイハツに限ったことではない、日産についても現在のラインアップは全くピンとこないのは同じだ。 この事はコンパクトカーと軽自動車しか持たないダイハツは日産以上に深刻かもしれない。 と考えていたら2019年はじめに東京オートサロンでコペンGRが発表になったのはまだ記憶に新しい。 そんな事を書いてみた。 親会社のトヨタだけが […]

  • 2018/12/20

コペンクーペ登場に思う 最近のダイハツはデザインがええ感じ

なんだか突然ダイハツからコペンクーペが発表されたような印象だ。 少し前から出るような噂がチラホラとは出ていたみたいだ。 管理人は今日ツイッターでコペンクーペの発表を知り、コペンクーペが出たんだと少しビックリした。 最近のダイハツはデザイン面で結構冒険をしているのではないだろうか。 今回の「コペンクーペ」もそうだが、2018年10月に発売されている「ブーン スタイル」、それに2018年6月から発売さ […]

  • 2017/03/04
  • 2017/03/04

いまどきのコンパクトスポーツって1000cc+ターボの時代 実は時代は繰り返すってことだ

先日、新型スイフトRStに試乗したことを書いた。 コンパクトスポーツって昔は1600ccのNA、通称テンロクってのが中心だった。 それが時代が変わるにつれ1500ccのNAになり、さらに1000ccのターボになりつつある。 だが大昔には1000cc前後のターボ車は結構過激なモデルがあったのだ。 すごくピーキーなやつがゴロゴロしていたのだ。 ということでコンパクトスポーツの昔とこれからを書いてみた。 […]

  • 2017/01/14
  • 2017/01/13

ダイハツのオマージュぶりが激しいTAS2017 確かに昔は良かったが今は気合の入ったモデルが無いのが悲しい

現在幕張メッセでTAS2017(東京オートサロン2017)が開催されている。 最近ではTAS2017という言い方?ハッシュタグ?なのが新鮮だ。 管理人はコンパクトカーが大好きなのでダイハツやスズキというコンパクトカーを専門で作っているメーカーには注目している。 ネット上ではダイハツのブーンのドレスアップ車「ブーン シルク」がシャレード・デ・トマソ・ターボじゃないか!と話題になっているようだ。 そう […]