レクサスLC500hは全てが専用開発! マルチステージハイブリッドシステム ミッション シャーシ

 

トヨタからLC500hが発表された。
すでにLC500はNAIAS2016デトロイトショーで発表されていたがガソリンモデルのみだった
LC500はデザインがなかなか秀悦でカッコが良い。
今回はそのハイブリッド版であるLC500hが発表されたのだが内容が凄い事になっている。

LC500hのリア画像

広告

専用開発が多いLC500hの中身

LC500hの最大の特徴は有段のATとの組み合わせだろう。
すでにいくつかCVTのような無段階式では無く先例はあるが有段のミッションと組み合わせることによりスポーティーな演出がされる。
つまり電気モーターをパワーアシストに使う方向性だ。
今までのトヨタの燃費志向のハイブリッドでは無いという事だ。

LC500hのパワートレーン透視図

ハイブリッドシステム自体も2つのモーターと組み合わされて応答性が向上しあらゆる領域でレスポンスが向上しているようなのだ。
そのネーミングもマルチステージハイブリッドシステムと名付けている。

LC500hのパワートレーン透視図その2

さらにシャーシも専用開発のFR方式となっていて重量配分を考慮したフロントミッドシップになっている。
パワートレーン画像を良く見るとフロントのディスクが2ピースになっていて細かい部分も凝っているのが分かる。

LC500hのパワートレーン

トヨタのハイブリッドシステムもやっと燃費志向から脱皮しパワー志向のものへと進化し始めたという事だろう。

LC500はラグジュアリークーペなんて古いジャンル分け

トヨタみずからネーミングしたLC500のジャンル分けはラグジュアリークーペとなっている。
ラグジュアリーなんて今や死語だろう。
もう少しジャンルの名称を工夫しなければいけないだろうと思う。
せっかく美しいLC500のボディーがもったいない。

LC500hのフロント画像

LC500hのフロント画像その2

LC500hのサイド画像

LC500hのリア画像その2

しかししっかりとスポーツ性を織り込んだLC500の基本骨格は期待できそうだ。
かなりの高価格帯となる事が予測されるがライバルはアストンマーティンあたりに設定されていると面白いと思う。

広告

新時代のレクサスのフラグシップカー

たぶんLC500のラインアップの中でもLC500hがトップモデルになるのだろう。
それだけにLC500hの内容は凝った内容となっているようだ。
さらに詳しい情報が出てくるのを待ちたい。

LC500hのスペック

サイズ:全長4,760mm×全幅1,920mm×全高1,345mm
ホイールベース:2,870mm
エンジン:3.5L V6 ガソリン
エンジン最高出力:299PS/6,600rpm
エンジン最大トルク:348Nm/4,900rpm
システム出力:359PS
タイヤホイール:前245/40RF21、後275/35RF21
軽量化:アルミ、CFRP

LC500hのインパネ画像

個人的にはレクサスのフラッグシップカーとするならばパワーはもう少しあっても良いだろうと思う。
それに内装のデザインがいただけない。
凄く古臭い印象がある。
ここはもっとアグレッシブに攻めたデザインが必要だと思う。

ちなみにLC500hの日本での発売は2017年春が予定されている。

今回はこのへんで
では

広告

関連カテゴリー

関連するカテゴリーはこちら、是非チェックしてみて下さい。

おすすめコンテンツ

気に入っていただけたら是非シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
*が付いている欄は必須項目です。

内容に問題なければ、下記の「OK!」ボタンを押してください。