ダイハツの新型「ムーヴ キャンパス」はなかなか良いのではないか!?

 

ダイハツから新型「ムーヴ キャンパス」が発売された。
ツートーンがどうのこうのと評論家たちはうるさいが個人的にはなかなか良いと思う。
端的に言うと現在の軽ハイトワゴンの良いとこ取りをしているのが「ムーヴ キャンパス」という事は言える。

「ムーヴ キャンパス」のグリーンとホワイトツートーン車

広告

ホイールキャップが印象的

管理人TomTomがビビっと来たのはツートーンカラーの車体色でもなく室内の様々な工夫でもなくホイールキャップだった。
最近のホイールには見られないデザインで、昔はこうしたディッシュとスポークの組み合わせのデザインは結構たくさんあった。
ちょっと懐かしいデザインなのだ。
全体的にツートーンのボディーカラーやホイールがネオクラシックな雰囲気を出しているのだった。

「ムーヴ キャンパス」はこうした表面的な事を除けば非常に手堅い要素をちりばめていている。
ハイトワゴンの使い道はもちろん日常の生活の中での場面になる。
具体的に言うと近所へのお買いものや送迎という事だ。
こうした日常の使い勝手を磨いたモデルと言える。

「ムーヴ キャンパス」のホイールキャップはちょっと懐かしい形状

ターボが無いのも特徴と言えば特徴かも

いつも感じていたのだがこうした軽ハイトワゴンは重くて重心が高い。
だからターボエンジンを積んで走行性能を上げるというのはある意味正解だろう。
「ムーヴ キャンパス」はあえてその部分を切り捨てて来たのが特徴だと思う。
重いハイトワゴンが坂道で多少あえいでもなんとかなるさというスタンスだ。

これには管理人TomTomも賛成でこうした日常使いの車をわざわざ扱いを難しくする事は無い。
山間部で使用するには多少の我慢が必要かもしれないが車の性格を考えれば決定的な欠点とはならないだろう。
走行性能を云々する車ではない事は明らかなのだ。

下の画像のように「ムーヴ キャンパス」はツートンにすることにより少しクラシックな雰囲気が漂う。
ホイールキャップの形状がなぜか懐かしい感じがする。
これはこれでよいのではないかと思う。

「ムーヴ キャンパス」のブラウンとホワイトツートーン車

「ムーヴ キャンパス」のグレーとホワイトツートーン車

「ムーヴ キャンパス」のレッドとホワイトツートーン車

広告

細かい工夫はたくさんあるがそれほど見るべきところは無い「ムーヴ キャンパス」

どうも日本人はツートーンの車には良くも悪くも良く反応するようだ。
個人的にはツートーンというのはあまり気にならないし似合ってればよいと思う程度だ。
ツートーンだから購入するか?と言われればそれはないだろう。

「ムーヴ キャンパス」のグレー1色のモデル

そういう表面的な部分を排除して「ムーヴ キャンパス」を見てみるとハイトワゴンとしては良く出来ていると思う。
日常のお買いものや送迎には非常に便利に使えると思える内容となっている。
すでにこの手のハイトワゴンはかなり成熟した車となっているがさらにそれを磨き上げたような印象だ。

「ムーヴ キャンパス」のインパネ

「ムーヴ キャンパス」の室内

使いやすく人気の出やすいハイトワゴンの条件

  • 適度な全高
  • 足元が広い後席
  • フロアがフラットで低いこと
  • リアスライドドア
  • 明るい室内とインパネ
  • そこそこの走行性能
  • 燃費は良いに越したことはない

下の画像は「ムーヴ キャンパス」の後席に内蔵された荷物置き。
別になくても良いがあっても良い程度の装備で中途半端だ。

「ムーヴ キャンパス」のリアシート下にある荷物収納スペース

こうした条件を見ているとすでに出尽くした感がある。
そこで他車と差別化するためにイメージ戦略となるのは自然な流れだ。

こうしたことを考えると現在販売されている軽ハイトワゴンはどれでもかなり高レベルだと思う。
それにツートーンの落ち着いた少しレトロな印象の「ムーヴ キャンパス」はポイント高いと思うのだった。

今回はこのへんで
では

広告

関連カテゴリー

関連するカテゴリーはこちら、是非チェックしてみて下さい。

おすすめコンテンツ

気に入っていただけたら是非シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
*が付いている欄は必須項目です。

内容に問題なければ、下記の「OK!」ボタンを押してください。